スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
やはり「赤、緑、黄色」のバランス食が健康に良い!極端な低糖質ダイエットはやめましょう。
JUGEMテーマ:健康
昨日、国立がん研究センターと国立国際医療研究センターの研究チームから、
「バランスの良い食事をしている人ほど、病気の死亡リスクが減る」という
が発表されました。
15年の長期調査による結果だそうです。

以下、同日付け毎日新聞の記事から抜粋です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
対象は、1995年または98年時点で45〜75歳だった全国の健康な男女約8万人。
1日に何をどれだけ食べればいいかを示す「食事バランスガイド」(農林水産省など作成)を基に、
ご飯などの「主食」や野菜などの「副菜」といった項目ごとに、
どれだけガイドに沿った食事を摂取しているかを点数化してグループごとに分析した。

その結果、最も点数が高いグループは最も低いグループと比べ、
死亡リスクが病気全体で15%、脳血管疾患で22%、循環器疾患で16%、それぞれ低かった。

チームの黒谷佳代・国立国際医療研究センター疫学予防研究部上級研究員は
「不足しがちな野菜や果物を積極的に摂取し、
肉などは適切な量を取るなどバランスの良い食生活を心がけることが大切だ」と話す。

◇「食事バランスガイド」で示す料理の分量(1日分)

主食(ご飯、パン、麺)…ご飯中盛り4杯程度

副菜(野菜、キノコ、イモ、海藻料理)…野菜料理5皿程度

主菜(肉、魚、卵、大豆料理)…3皿程度

牛乳・乳製品…牛乳なら1本程度

果物…ミカンなら2個程度
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この結果はすなわち、
極端な低糖質ダイエットも、
極端な低タンパク質ダイエット(おにぎりダイエットやマクロビダイエットなど)も
健康には良くないということです。
つまり健康に痩せるには、上記のバランスをできるだけ崩さずに
賢くカロリーダウンしていくことが必要だということになります。
私の提案する「脳ダイエット」では、食品を
緑(野菜や海草)
赤(肉、魚、卵、大豆製品)
黄色(ご飯、麺、パンなどの炭水化物、お菓子などの糖質、バター、油などの油脂類)の
3色に分けて、バランスをとりながら「緩やかな低糖質」にすることを提案しています。
赤グループと緑グループは1日に必要な量を絶対に減らさない。
活動が少なくなっていく昼食から夕食にかけて、
穏やかに黄色グループのみ減らすという
「緩やかな低糖質」ダイエットをお勧めしています。
活動が盛んな時間帯を支える朝食は黄色グループ(とくに炭水化物)を食べるのはマストです!
昼食は午後からの活動量に従って、黄色グループ(炭水化物量)を減らし始めます。
午後からバリバリ体を動かす予定の人は、黄色グループはほどよく摂取が必要です。
夕食後はほとんど寝るだけなので、ここで黄色グループを少量にします。
この穏やかな低糖質ならば、体に無理なく継続できる方が多いのです。
脳を使って賢く健康スリムを目指しましょう。


 
| 精神科医&作家 奥田弘美 | 脳ダイエット | 09:18 | - | - | - | - |
脳ダイエットがウェブサイトで次々紹介されています。
JUGEMテーマ:健康
3月末になり、ようやく温かな日が続くようになり、
厚手のコートが要らなくなってきましたね。
ということは・・・これからはどんどん体のラインを隠す服が着られなくなる。
つまり、体型がばっちりわかってしまう薄着のシーズン到来ということでもあります。
冬に油断してお肉を蓄えてしまったという方は、
ぜひ、今からダイエットにトライして、来る夏には薄手のお洋服を
颯爽と着こなして頂きたいと思います。
私の提案する脳ダイエットをきちんと習慣として身に付けていただくと、
一度痩せると太らなくなります。
世の健康スリムな人が無意識にやっている習慣、食べ方、
食に対する考え方などを分析し、
誰もが実践できるようにまとめあげたのが脳ダイエットです。
ぜひあなたもこの春、実践してみてください。
私の脳ダイエットのノウハウの一部が、次々とウェブサイトの取材を受け
公開されています。
本に書いたノウハウのほんの一部ではありますが、
わかりやすくまとめられているのでお役に立てると思います。
ぜひご参考にしてくださいね。
「フィッテ」ウェッブサイト 脳ダイエット3回シリーズ
第2回目 http://fytte.jp/news/mental/1603/post_475.php
第3回目 http://fytte.jp/news/mental/1603/post_480.php

「ハーバービジネスオンライン」
「サンケイリビング オンライン」
健康スリムをずうっと一生維持したい方は、この春、
私の提案する脳ダイエットにぜひぜひ
トライしてみてくださいね!
| 精神科医&作家 奥田弘美 | 脳ダイエット | 10:27 | - | - | - | - |
アドラー心理学の岩井俊憲先生と!
3月に入り、季節の変わり目を肌身で感じる毎日です。
皆様のご体調は大丈夫ですか?
この季節は自律神経ダメージが大きいため
どうぞ睡眠、食事を基本としたセルフケアを
入念になさってくださいね。
さて私は昨日、アドラー心理学の大家でいらっしゃる岩井俊憲先生と
ご一緒してきました。
先生とは一昨年に先生が主催されている
懇意にしていただいております。
岩井先生は年間何百回とアドラー心理学のセミナーや講座をなさるほか、
何冊もの本を執筆されたり監修されたりしています。
先生の最新刊は、私が手に持っている
です!
この本は、コミュニケーションの基本のキとなるスキルから
他者との信頼関係を築く心の持ち方まで
非常に奥深い内容を、わかりやす〜〜く図解で解説されているという
とても画期的な素晴らしい内容です。
アドラー心理学はもちろんのこと、
コミュニケーションやコーチングを学ぶ方にもおすすめです。
私自身も拝読して、新たな気付きをたくさんいただきました。
ちなみに岩井先生の奥様は、現在、低糖質ダイエットに挑戦されているそうで、
「やはり極端な低糖質ダイエットは危険だったんですね」と
興味しんしんのご様子でした。
拙著に詳しく書いていますが、
全く糖質を食べない、極端に炭水化物を控えるという低糖質ダイエットは
心身共に非常に危険です。
拙著では、昼から夜にかけて、なだらかに糖質を減らしていく
穏やかな低糖質をおすすめしています。
世界各国見渡しても、食事の基本的な構成は、
炭水化物(糖質)
タンパク質(肉、魚、卵、大豆)
ビタミン・ミネラル(野菜、果物)
の3要素ですよね!
この3要素は人類が長い長い年月をかけて身に付けた
人間の体を健康に保つ黄金バランスなのです。
これらの3要素バランスを極端にゆがめるダイエット法は
すべて危険だと考えてください。
拙著では赤、黄、緑と3色に置き換えて
健康スリムな食事バランスを簡単に身に付けるコツを
ご紹介しています。
ぜひ健康スリムをキープしたい方はご参考にしてください。
| 精神科医&作家 奥田弘美 | 脳ダイエット | 10:08 | - | - | - | - |
新刊「精神科医の脳ダイエット」を出版しました!
今年初めての新刊を出版いたしました。
タイトルは非常に長いのですが、
となりました。
版元は主婦の友社さんです。
今回のテーマは、タイトルにもあるように「脳ダイエット」です。
脳ダイエットについては、2014年にベストセラーになった
前著「何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたから」(扶桑社)にて
かなり詳しくノウハウを書いたのですが、
この本はほとんど文字だけで構成されていたので、
一部の読者さんから、「イラストが入っていたらもっとわかりやすいのに」とか
「娘に読ませたいのだけど、娘は文字だけの本は読んでくれないんです」などとの
感想をいただいていました。

そこで! 今回はイラストたっぷり、マンガたっぷりの
非常にわかりやすく読みやすいつくりの本にしました。
大坪ゆりさんという、素晴らしいイラストレーターさんが
笑どころたっぷりのマンガやイラストをたっくさん描いてくださったのです。
とはいえ、脳ダイエットの基本はもちろんきっちり書いておりますし、
前著ではあまり触れなかったいろいろな巷のダイエットの危険性についても語っています。
脳ダイエットの入門書、
もしくはダイエット全般についての正しい考え方を身に付ける基本書として
ご活用いただいたら良いかなと思います。
世間には本当にいろいろなダイエット法がありますし、
ストイックに取り組めば、効果がでるものも多いと思います。
ですがダイエットに一時的に成功して痩せたとしても、
本書に書いた基本的な「太らないための脳の使い方」を知らなければ、
結局リバウンドしてしまうことが非常に多いのです。
一生健康的なスリム体型を維持するために、
ぜひ本書をお役立ていただけたらと思います。
 
脳ダイエット
| 精神科医&作家 奥田弘美 | 脳ダイエット | 21:32 | - | - | - | - |
苦労を語る人、語らない人
世の中には、自分の人生の苦労を語る人がけっこういる。
ちょっと親しくなったら、自分がいかに苦労してきたか、
大変だったかを語り出す人がいる。
または、お酒が入った時など限定で、
「実は自分は、今まで〜〜〜な苦労をしてね」などと
苦労話を披露する人もかなり多い。
だが私は口下手であり、根が人見知りで恥ずかしがりのせいもあり、
お酒が入っても滅多に自分の苦労話をしないほうだ。
 
だから周りの友人も知人もごく一部の人を除いて
「仕事も家庭も子育てもすべて順風満帆な幸せな人」だとか
「お医者さんでエリートで苦労を知らない恵まれた人」だとか
けっこうそんなイメージで私のことをとらえているらしい。
だが仕事も家庭も子育ても、順風満帆に維持し続けることこそ、
実は大変な労力がいるのである。
常に四方八方に目を光らせ、
バランスが崩れかけると見逃さずに修正する。
子供や夫との家族バランス、仕事と家庭にかけるパワーパランス、
自分の体と心のバランスなどなど
バランスを常にとっていくためには、
日々の地道なメンテナンスが絶対的に必要不可欠なのだ。
逆風がやってきたら、すばやく帆を張り
時には進路を変更する。
女一人でフリーランスで仕事をしていると、
たまに海賊みたいな卑劣な輩に理不尽なことをしかけられることもある。
そんなときには、意を決して応戦したりもする。
 
でもそんなことは、私は滅多に口にしない。
なぜかというと、精神科医という職業柄、
もっともっと大変な苦労している人を沢山知っているし、
私ごときの苦労話をするなんて、そういう人達に対しておこがましいから。
それに自分が話すより人の話を楽しく聴いているほうが好きだから。
 
だが先日、とある書籍の企画会議の席で
「働く女性が仕事も家庭も子育てもハッピーに両立させるコツを書きたい」と言ったところ
某男性A氏から、
「お金持ちの恵まれた女医さんの自慢話ですかあ?」とバカにされた。
これには自分でも驚くほどカチンときた。
涙が出るほど悔しく感じたのは、自分でも意外なほどだった。
 
13年前に家族だけで関西からポコッと縁もゆかりもない東京に出てきて、
事情があって夫の年収がいきなり半分以下になった。
3歳の長男と0歳の赤ん坊をかかえながら
子育てを助けてもらう親族も友人もいないなかで
一家の半大黒柱として医者業や執筆業を続けていく過程では
マタハラもパワハラもセクハラも経験した。
労働相談所に飛び込んだこともあったけ。
そんなことが映画の回想シーンのごとく頭をよぎった。
 
その某男性のA氏は子供がいない男性だった。
奥さんはいるらしいが、ダブルインカムで
夫婦ともに何にも縛られることなく、
思いっきり好きな仕事に打ち込んでいる人だった。
重要な交渉の最中に、保育園から熱が出たから迎えに来いと
電話がかかってきたこともないだろう。
子供が病気になるたび、どちらが休むかと
夫とケンカしたこともないだろう。
子供が学校へ行きたくないと泣いて
朝、家を出られなくなって遅刻して
クライアントからクレームを受けたこともないだろう。
疲れ切っていても駆け足でスーパーで買い物し
帰宅後ほっと腰かける暇もなく食事を大慌てで用意したこともないだろう。
ビジネスチャンスに繋がると確信する食事会の夜、
子供が熱を出したために泣く泣くキャンセルしたこともないだろう。
子育てしていない人には想像もできない苦労が
子育て中はとにかくいっぱいいっぱいあるんですよ。
特に女性がこの日本社会で一人前に責任もって働こうとすればするほどね!
そのA氏にささやかながら反論したくなって、
滅多にしない苦労話をブログに書いてみたくなった。
 
どんなに幸せそうに見える人の人生にだって
絶対苦労はある。
むしろ仕事でも家庭でも幸せをいつも維持しているように見える女こそ、
幸せを乱しにくる様々な大小の敵と
舞台裏では髪振り乱しつつ日々戦って
コツコツ小まめに排除しているからこそ、
幸せを維持できているってことも多いのだ。
とりとめもないブログになってしまったけど、
ワーキングマザーのみなさん、世の鈍感な男性たちに負けずに
これからも美しく強くしたたかに頑張りましょう!

 
| 精神科医&作家 奥田弘美 | About Me | 19:39 | - | - | - | - |