スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
マインドフルネスに食べていれば太らない!

JUGEMテーマ:健康

私の現在の研究&執筆テーマは、マインドフルネス(マインドフルネス瞑想)です。
瞑想やイメージングについては、何年も前から勉強していて、
コーチングや成功哲学、心理学、スピリチュアル系と
様々な分野の瞑想やアファメーション、イメージング法を自ら実践していたのですが、
最終的にマインドフルネス瞑想に行きつきました。
数年前からマインドフルネス瞑想を独学で勉強していたところ、
昨年からは、素晴らしい瞑想の師に出会うことができ、
急速にマインドフルネスの知識と経験が深まりました。
そろそろアウトプットしていっても良い時期かなと思い、
本ブログでも私の理解し実践している範囲でお伝えしたいと思います。
マインドフルネス瞑想は、仏陀(お釈迦さま)が、
「幸せに平安に生きるための心のトレーニング」として体系づけた
八正道という理論の中の一部分です。
マインドフルネス瞑想は、欧米では宗教色をとっぱらって
瞑想法だけを独立させて、
ビジネスパーソンの集中力を高める方法や
うつの精神療法として活用されています。
ですが私は仏陀の教え全体を学ばないと
マインドフルネス瞑想の本来の素晴らしい効果は出てこないと感じています。
マインドフルネス瞑想を行う上で必要な仏陀の教えのひとつには、
『「欲と貪り」に気付き、そこから出来るだけ離れること』
という重要な考えがあります。
もっと快楽が欲しい、もっと良い気分になりたい、
もっと贅沢がしたい、もっと成功して承認されたい。
などなど、己の過剰な欲に気付き、
その欲を貪ることを辞めるだけで、
心の平安がやってきます。
これは食べ物に対しても同じことが言えます。
もっと美味しいものを食べて快楽を味わいたい。
もっとグルメな味を堪能したい。
甘いものをもっと食べて(またはお酒をもっと飲んで)、ストレスを忘れたい。
と食に対して「欲」をだして「貪っていく」ほどに
体が必要とする以上の
食べ物・飲み物を摂取してしまうのです。
私は拙著「何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたから」と
「精神科医の脳ダイエット」にて
「お腹が本当にすいてから食べる事」や
「腹7~8分目までが本来の満腹ラインだから、そこで食事をストップする事」などを
ご提案してきました。
体が本来求めるだけの食物を
体が本当に求めている時に与えてあげる。
これは仏陀の説く過剰な「欲」や「貪り」を離れて
というマインドフルネスな食べ方に通じているのです。
体の声に耳を傾けて、マインドフルネスに食べることを心がけるだけで
私自身は全く太らなくなりました。
あなたもぜひ実践してみてください。
| 精神科医&作家 奥田弘美 | マインドフルネス | 10:37 | - | - | - | - |
マインドフルネスに食べていれば太らない!

JUGEMテーマ:健康

私の現在の研究&執筆テーマは、マインドフルネス(マインドフルネス瞑想)です。
瞑想やイメージングについては、何年も前から勉強していて、
コーチングや成功哲学、心理学、スピリチュアル系と
様々な分野の瞑想やアファメーション、イメージング法を自ら実践していたのですが、
最終的にマインドフルネス瞑想に行きつきました。
数年前からマインドフルネス瞑想を独学で勉強していたところ、
昨年からは、素晴らしい瞑想の師に出会うことができ、
急速にマインドフルネスの知識と経験が深まりました。
そろそろアウトプットしていっても良い時期かなと思い、
本ブログでも私の理解し実践している範囲でお伝えしたいと思います。
マインドフルネス瞑想は、仏陀(お釈迦さま)が、
「幸せに平安に生きるための心のトレーニング」として体系づけた
八正道という理論の中の一部分です。
マインドフルネス瞑想は、欧米では宗教色をとっぱらって
瞑想法だけを独立させて、
ビジネスパーソンの集中力を高める方法や
うつの精神療法として活用されています。
ですが私は仏陀の教え全体を学ばないと
マインドフルネス瞑想の本来の素晴らしい効果は出てこないと感じています。
マインドフルネス瞑想を行う上で必要な仏陀の教えのひとつには、
『「欲と貪り」に気付き、そこから出来るだけ離れること』
という重要な考えがあります。
もっと快楽が欲しい、もっと良い気分になりたい、
もっと贅沢がしたい、もっと成功して承認されたい。
などなど、己の過剰な欲に気付き、
その欲を貪ることを辞めるだけで、
心の平安がやってきます。
これは食べ物に対しても同じことが言えます。
もっと美味しいものを食べて快楽を味わいたい。
もっとグルメな味を堪能したい。
甘いものをもっと食べて(またはお酒をもっと飲んで)、ストレスを忘れたい。
と食に対して「欲」をだして「貪っていく」ほどに
体が必要とする以上の
食べ物・飲み物を摂取してしまうのです。
私は拙著「何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたから」と
「精神科医の脳ダイエット」にて
「お腹が本当にすいてから食べる事」や
「腹7~8分目までが本来の満腹ラインだから、そこで食事をストップする事」などを
ご提案してきました。
体が本来求めるだけの食物を
体が本当に求めている時に与えてあげる。
これは仏陀の説く過剰な「欲」や「貪り」を離れて
というマインドフルネスな食べ方に通じているのです。
体の声に耳を傾けて、マインドフルネスに食べることを心がけるだけで
私自身は全く太らなくなりました。
あなたもぜひ実践してみてください。
| 精神科医&作家 奥田弘美 | マインドフルネス | 10:36 | - | - | - | - |