スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
「経験」こそが最高で最良の教師・テキストとなる!
テニスの錦織選手が全米オープン4強に進出!!
すごいですね〜〜
もとテニス部の私としては、心からエールを送って優勝を祈願しています。

さてその錦織選手の快進撃のかげには、マイケル・チャンコーチの存在が大きいとか。
マイケル・チャン選手は、私がテニス部で泥テニス試合を行っていたころ活躍しはじめた
スーパースター選手。
テニスの4大大会で複数回優勝を成し遂げたという実績の持ち主です。
やはり実際に優勝経験がある人がコーチに就くと違うんですね。
優勝するために必要なメンタル力、プレッシャーとどう戦うか、
どのように思考して程よく自分をハイにしながらも冷静さをキープするか、
周囲のメディアや関係者からのプレッシャーや干渉にどう対応するか、
そしてさらに細かな体調管理などは
実際にそれを成し遂げた人が一番わかっているはずです。

長嶋茂雄監督のように、自分は最高のプレイヤーなのだけど
人に教えるのは苦手・・・という人も少なくないですが、
チャン選手はコーチング力にも優れているようです。
こうした経験もコーチング力も両方有しているコーチは得難い存在だと思います。
錦織選手は、そういう経験もしっかりあって人に教える技術にも優れているという
稀有なコーチに出会えたことからも
実力だけじゃなく運も最高に良いのでしょうね。

 
私は「経験」こそが最高に素晴らしい教師、テキストになると思います。
「経験」のない人が、いくら本で読んだりセミナーで得た机上の知識を使って
コーチングしてもアドバイスしても本当には響きません。
私はコーチングを学んでいたときに
「子育てでも仕事でもスポーツでもなんでも、あなたにその経験がなくても、
クライアントに何でもコーチングできますよ」と
先生コーチたちが豪語してレクチャーしていましたが、
それは絶対に違うと思います。
子育てしたことがない人が、子育てに悩む人のコーチングができるだろうか?
仕事したことない人が、キャリアに悩むビジネスパーソンのコーチングができるだろうか?
本を出したことがない人が、作家になりたいという人のコーチングができるだろうか?
私はNOだと思います。
もちろん全く役に立たないということはないとは思います。
人は自分の悩みを言語化することで、ストレス解消にはなりますし、
人に夢を話すうちにアイデアが浮かんでくることがありますから。

ですが、現在の相場である1時間○万円という高額なコーチング費用をとるほどの
価値を見出すことは無理だと確信します。

私も何人かコーチを雇ったことがあります。
家族の相談は同じような家族の悩みを経験したコーチの助言がすごく役に立ちました。
でもそのコーチが経験していない出版や仕事のテーマのコーチングはぜんぜんダメでした。
社長のコーチングをいっぱいしているという触れ込みのビジネスコーチに
ベストセラーを出すというテーマでコーチングをお願いしても全く機能せず。
多少のストレス解消にはなりましたが、お金がもったいなくて解約しました。
やはり経験が宝です。
どんな経験もそれを克服した瞬間に、その人の心のひだに深く入り込み
人間の幅を広げたり、人格を深めていくエッセンスになります。
どんな経験も無駄じゃない。
その経験をしっかり味わいつくし、自分が何かを学ぶことが大切だと思います。
プラスの学びを得た時、それは心の中で燦然と輝くダイヤモンドのかけらとなる。

私もこれからもいろいろな経験を積んでいきたいなと思います。
そしてそこから必ずプラスの学びを得続けていきたいなと思います。
そこで得た学びは、カウンセリングとコーチングと執筆で
感謝を込めてお伝えしていこうと思います。
あ、老婆心ながらですがの付け足しを一つ・・・
浅田真央ちゃんも、オリンピックの金メダリストの経験のあるコーチをつけるべきだと思いました。
| 精神科医&作家 奥田弘美 | 心のデトックス法 | 09:13 | - | - | - | - |
カラオケ、歌を歌うことは、すごいストレス解消効果あり!!
JUGEMテーマ:健康
ここ数年とみにカラオケやボイトレにはまっています。
取材の記者さんから「先生のストレス解消法は?」って聞かれたら、「カラオケ!!」と即答している奥田です(笑)
カラオケに行くだけじゃ飽き足らず、ポピュラー歌唱レッスンに通いボイトレもしています。
歌を歌うと、確実に気持ちがスッキリして、心のデトックス効果絶大。
そこで「カラオケ、つまり歌を歌うことは、ストレス解消に大きな効果があるってことが
医学的にどのように証明されているのか?」を調べてみました。

〜〜〜〜2012年 産経新聞より〜〜〜〜〜〜〜〜
 歌を歌うことが口腔(こうくう)機能を改善させ、ストレス解消にもつながることが、
カラオケ事業などの第一興商(東京都品川区)と鶴見大学歯学部(横浜市鶴...見区)の斎藤一郎教授の調査で分かった。
調査は、60歳以上の男女44人を対象に実施。カラオケで歌ってもらい、
歌唱前後の口腔機能の状態とストレス具合を調べた。

それによると、歌唱前と比較して、歌唱後は唾液量が増加し、口腔機能が改善。
ストレス度を示すホルモン「コルチゾール」も低下した。

「爽やか」「安らぐ」「楽しい」「すっきり」「ほっとする」「リラックス」などの
前向きな気持ちを表すスコアも歌唱後には向上。
さらに、「緊張」「抑鬱」「怒り」「活気」「疲労」「混乱」といった
感情の落ち込みを示すスコアは歌唱後、低下した。

調査では、「カラオケ好き」と「カラオケ嫌い」の人に分けて比較。
双方で歌唱後に唾液分泌量が増え、コルチゾールが下がるなどの良い変化が認められた。

カラオケ好きはもちろん、カラオケ嫌いの人にとっても歌うことがストレス解消につながることが分かった。
〜〜〜〜〜以上 抜粋〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

別の記事には「脳機能が高まり認知症の人にも改善効果」もあるというデータも見つけました。
以下、少し長いですがご興味のある方はお読みください。

米国バージニア州立ジョージ・メイスン大学の神経科学者、ジェーン・フリン博士らの研究チームが
東海岸の介護施設に入居している認知症の高齢者を対照に、歌をうたうグループセッションを定期的に行った
セッションは1回50分。それを週に3回、4カ月継続
し、対照グループとして参加者の半数は歌をうたわず、
ただ聴くだけに留めてもらった。セッションで取り上げたのは、
ミュージカル『オズの魔法使い』の「虹のかなたに」、『サウンド・オブ・ミュージック』の「ドレミの歌」、
ディズニー映画『ピノキオ』の「星に願いを」など、おなじみの曲ばかり。

そして、4カ月後に認知機能テスト、特定の時刻を指定し、時計の文字盤に針を描き込むテスト、
生活への満足感を問うテストなどを行った結果、実際に大きな声を出して歌をうたっていたグループは、
聴いているだけだったグループと比べてスコアがセッション開始前より伸びており、
中度あるいは重度の認知症を患う人たちの改善が最も顕著
であることが分かった。

多くの人は歌をうたって育ち、その記憶はずっと残っている。
たとえ脳の機能が低下していても、歌うという行為によってそこに存在する記憶がよみがえるのだとか。
また、メロディを聴き、声に出して歌うことで、右脳と左脳の両方が活性化するらしい。
フリン博士は「認知症がかなり進行している状態であってもあきらめず、患者は自分が没頭できること、
心惹かれることをする必要がある。歌をうたうセッションは、お金をかけず、
簡単にそれを実践できる良い方法だ」と述べている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このほかの効能としても、私は下記のような効果も歌唱には確実にあると思います。
「腹式呼吸による自律神経調整効果」
 歌を歌うには、多量の酸素が必要なため、腹式呼吸を自然に行います。
 腹式呼吸には自律神経機能を調整し、気分を穏やかに安定させることが実証されています。

「音楽療法による精神安定効果」
 音楽療法では、その人の好きな曲、思い出の曲を歌うことで、心のストレスケアを行います。
 カラオケで自分の好きな曲を歌うことで、自然に心が癒され、ストレスが解消されます。

「口輪筋をはじめとする顔面の筋肉を動かすことによるアンチエイジング効果」
顔面筋体操などが、アンチエイジング効果があると美容分野では話題です。
歌を歌うと口輪筋、前頭筋、頬筋、眼輪筋など顔の筋肉が自然に大きく動かされるため、
当然、顔のたるみ防止効果があるでしょう。
また顔の筋肉を動かすことで顔面の血流改善の効果が期待できるので、
美肌効果もあると考えられます。

以上、まとめてみると様々な歌うことのポジティブな効果が続出!
ということで、ますますカラオケ通いが頻繁化しそうな奥田です(笑)
皆さんもぜひ興味があればカラオケやボイトレ、やってみてくださいね。

 
| 精神科医&作家 奥田弘美 | 心のデトックス法 | 12:29 | - | - | - | - |
ステキな友人の言葉
昨日は、台風の肝いり事前情報のおかげで予定していた関西出張が延期となり
ポコッと不意に空いた休日となりました。
子供たちも学校へ行ってしまい、家事も一通り終わり、
「さあ〜〜何しようかな〜〜」と思いつつも、
なぜか昨日はこれといって浮かばない。外出する気力も出ない。
で、とりあえずまだ締切じゃないけど連載の原稿やご依頼原稿を書いていたら
ふと「Mさんに電話してみようかな〜〜」と思い立ちました。
Mさんは、10歳近く年上の女性で、私のお姉さん的友人の一人。
彼女はフェイスブックなどSNSもしないので
しょっちゅうしょっちゅうコミュニケーションとっているというわけじゃないのですが、
時々電話したり、会ったりと、程よい距離感でお付き合いが続いています。

そんな彼女のことを思い出し、ふと電話をかけました。
彼女は芸術的なお仕事をしているので、日中でも気軽に電話がかけられます。
こんな友人って、実は今どきとっても貴重だったりします。
なぜってメール文化が発達しすぎて、
何となく電話したら悪いかなあって風潮が昨今蔓延してますもの。
私の友人はほとんどが働いている人ばかりなので、
特に平日の日中の電話は遠慮してしまいます。
でもMさんは別。
思い立ったら電話・・・が気軽にOKし合える雰囲気、間柄なのです。

と、話が横道にそれてしまいましたが、
そんなことで電話をかけてみたところ、
明るく元気なMさんの声で
「もしもし〜〜!ふっしぎね〜〜私も今、奥田さんのこと考えてたのよ!
お電話いただいて、とっても嬉しいわ」
おっとこれはスピリチュアルでいうところのシンクロニシティ??
Mさんは、根が非常にスピリチュアル的な方で、
特に何かが見える、聞こえるなんてことはないし、
妙な流派に入っていたりもしないけど
非常に直観力に優れた右脳的な方なんです。

で、当たり障りのない近況を話していたところ、不意にMさんが
饒舌になって、一気に話し始めたのです。
「不思議とね、長く長く付き合える人が残って、そのほかの人とは
関係が途絶えていくのよ。こちらの意思に関係なく、
何かが起こってそうなっていくの。
でもそれでいいのよ。関係が途絶えた人には、ありがとうって感謝して
あっさりお別れしておいたらいいのよ。
自分が悪いとか、相手が悪いとか、考えない考えない。
そういう流れなんだなあって、あっさり思っていればいいのよ。
奥田先生の人生に合わない人はいなくなっちゃうものなのよ。
もっと自分を褒めてあげなくちゃ!」
なんて言い出すのです。
実際は20分以上、もっといろいろな言葉を駆使して
たっぷりみっちり話してくれたのですが、
要約すると上記のような事。
もうびっくりです。

なぜかというと、ごく最近、私はある人間関係が終わったかも?と感じる出来事を
経験したばかりだったから。
本当に些細な出来事だったのですが、私はその出来事で、
その人の人間性の根っこの正体を 垣間見たような気になって
非常に心が落胆し、意外なほどショックを受け、
それから連絡する気が全く起こらなくなっていたのです。
で、なんて自分は器が小さいんだろうとか時には自分を責めたりしながらも
でもどうしても心の奥のどこに、ズドーンと氷のような冷えの塊を感じてしまい・・・
尊敬と親しみを感じていた知人で、友達として長く付き合いたいなと思っていたにもかかわらず
その出来事以来、どうしても心が冷えが収まらず連絡がとれなくなってしまったのです。
認知行動的手法を使って、自分の認知を変換しようと試みるも
心の奥に抱えた氷塊のような冷えは変わらず・・・
落胆、淋しさ、自己嫌悪、不快感、かすかな怒りみたいなものが
いっしょくたになった感じを消せずにいたのです。

このような事は一切、Mさんには話さず、
電話では世間話的なお喋りをしていただけなのです。
それが急に火がついたようにMさんが話しだし、
しかも私が一人で誰にも言わないで落胆していたことにぴったりのアドバイスで
本当にびっくり仰天、超サプライズでした。
これはきっと神様がMさんの口を借りて私に告げてくれているメッセージに違いない!
そんなふうに確信できるような出来事だったのです。

「自分に合う、長〜く付き合える人だけが自然に残っていく
自分の人生に合わない人とは別れていく、それでいいのよ」
という言葉、当たり前と言われれば当たり前ではあるのですが、
とても素敵だと思いませんか??
一度親しくなった人と別れることになるのは、それがケンカ別れであったとしても
どこかで悲しさや寂しさは付きまといます。
でもこんなふうに、ナチュラルな気持ちで感謝とともに受け入れることができれば、
また気を取り直して、新たな友人、新たなビジネスパートナー探しに乗り出せるというもの。
ピュアなスピリチュアルにあふれた友人・Mさんに感謝!!
ますますMさんに対して大好き&尊敬の気持ちが深まった電話タイムでした。

 
| 精神科医&作家 奥田弘美 | 心のデトックス法 | 10:28 | - | - | - | - |
最近のお気に入りのストレス発散法 ボイトレ
JUGEMテーマ:健康
4月から始めた新しい趣味があります。
それは、ボイストレーニング。
ポップスボーカルレッスンとセットになっているのですが
これが非常に気持ちいい。
もともとカラオケ好きだったのが高じて始めた趣味なのですが
改めて「声をお腹の底から出す」っていうストレス解消効果を実感しています。

もともと腹式呼吸や腹式発声法には自律神経をととのえ
気持ちをスッキリさせる効果がることは知っていたのですが、
30分みっちり先生について正しい発声でボイトレすると
その効果はさらに倍増。

ちょうど外来のあとにレッスンがあるのですが、
外来後の気持ちの疲れやストレスが、パーッと飛んでいってしまいます。
私は来生たかおさんの大ファンなのですが
ボイトレしたあとに、カラオケでは歌えない来生さんの隠れ名曲を
先生がピアノで弾いてくださって歌もレッスン。
もう気持ちは最高です。

楽しい仲間と美味しいお酒と共に歌うカラオケもストレス発散効果抜群なのですが
楽しくて飲み過ぎて翌日二日酔いっぽくなってしまうのが難点。
その点、ボイストレーニングはお酒が入らないので
健康度も花丸です!
それに腹筋を使うので、お腹引締め効果も期待できるので美容効果も期待できます。

6月にはクラス発表会があるので、ちょっとした目標もあり
さらに熱が入るこのごろです。
ぜひご興味のある方は、ボイトレやボーカルレッスン初めてみてはいかがでしょうか?
| 精神科医&作家 奥田弘美 | 心のデトックス法 | 09:36 | - | - | - | - |
未来不安のデトックス〜今を大切にしよう〜
 先のことを考えて、不安に襲われること、ありませんか?
「こんなこと続けていても、幸せになれるのかしら」
「今の状態だと、とても○○までは到達できないかもしれない」
「もっと色々と頑張らないと、将来は今よりダウンしているかもしれない」
 な〜んて、何かをきっかけに、急に先のこと、将来のことが
不安になること、ありますよね。
 私は、この不安を「未来不安」と呼んでいます。
 私も、実は、けっこう心配性で、先のこと、未だ見ぬ未来のことを
あれこれと、想像してしまって、未来不安になること結構あるんです。
  コーチングを知る前は、そうなると、どんどん不安になって、
悪いイメージばっかり膨らませて・・そして、どうしようかと
焦っていました。
でも、焦れば焦るほど、何をしていいかわからなくて、
余計にイライラするばかり・・・と悪循環を繰り返してました。
 ですが、コーチングの世界を知ってから、
いろいろなコーチングの背景となる書物や学問を研究しているうちに、
未来不安になったときは、まず「今を生きる」ことに
集中するように考えるようになりました。
 つまり、具体的にいうと
「先のことより、今現在を、できるだけ充実させるようにすること。」
「今を、できるだけ幸せにすごせるように、心がけること。」
 それが大切だと思うようになったんです。
 なぜかというと、未来の幸せや成功というのは、
今の幸せや成功が、連続していくことの結果なんですよね。
 「未来に幸せになるために、今、不幸せでも我慢する」
 「将来成功するために、今は、不本意な生活を送っている」
 というのは、本末転倒。
 マラソンで42.195キロの完走を達成するためには、
目の前の一歩を重ねていくことの、連続なんですよね。
 未来に幸せになりたい、成功したいと思うならば、
今をその第1歩として考えて、
少しでも、今を充実させるように行動すること。
 それが、とても大切なことだということに、
気がついてからは、未来不安におそわれても、
悪循環を断ち切ることができるようになってきました。
 今の仕事や、生活が、自分の理想としないものであっても、
その中から、充実感や幸せ感を味わえるように、
ちょっと工夫したり、視点を変えたりしてみます。
 例えば、子供が熱を出して、仕事を休まなくちゃならなくなり、
予定していた執筆がすすまなくなったときも、
以前なら、焦ったり、不安になってしまっていました。
ですが、今は、そんなときにも、「今現在を楽しもう」と
心がけるようになりました。
子供と普段より一緒にいる時間を楽しもう、とか
愚図る子供を抱っこしながら、普段見られない昼ドラや
ワイドショーを見ちゃおうとか。
 ちょっと視野を広げれば、楽しめることってあるもんですよね。
 将来のこと、先のことが、見えにくくって、
未来不安になることが多いご時勢ですが、
今から目をそらさずに、今を楽しみたいと思っています。
| 精神科医&作家 奥田弘美 | 心のデトックス法 | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |