スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
日経ウーマンのインタビューをうけました。
 昨日は、またまた2歳の子供の添い寝をしながら、
つい、うとうと・・・のつもりが、朝までグーグー状態でした。
 きっと、おとといの高知県日帰りで、少々疲れていたのだと思います。
 そんなわけで、ブログは一日、期せずしてお休みとなってしまいました。

 昨夜書こうと思っていた内容が、ズバリ、タイトルにある
日経ウーマンからのインタビューについてです。
 実は、私、日経ウーマンという雑誌が、大のお気に入りで、
ずっと「日経ウーマンに、何か書けたらいいなあ」と
願っていたんです。
マイホープリストのひとつだったといっても、過言ではありません。
ほんと、数年前にしていたコーチングで、マイコーチに対して
「日経ウーマンに載せてもらえるような活動をしたい」と
話していたんですから。
 仕事も家庭もとガンバっている女性が手にするNO.1雑誌ですから、
私のセルフサポートコーチングや、フルコースウーマン塾の内容が、
絶対に役にたつに違いない!!な〜んて、
勝手に思い描いていたんですが・・・。
 なんとなんと先日、急にクリニックに連絡が入り、
「ハッピーエイジング」というコーナーでの
インタビューを頼まれたんです。
 すご〜い、またひとつ、希望が実現した!!
 と、いうわけで、ワクワクしながら、昨日
日本橋マンダリンオリエンタルで、記者さん2人とお話してきました。

 現在の女性は、20代はまだ迷いの時代、植物でいうと
まだ芽が出たばかりの新芽期で、いわば社会人の双葉マーク。
どちら方向に伸びていくのか、どんな花が咲くか、まだまだ未定、
本人にも、周りにも分からない。
その時代に、大いに迷って、いろいろな可能性にチャレンジして、
仕事だけではなく、女性としての様々なライフイベントを体験することが、
すべて水や太陽の光といった栄養となり、どんどん新芽は伸びていく。
多少の失敗も若さゆえで、許してもらえるし、
立ち直る気力も体力もたっぷりある。まさにトライ&エラーの
新人修行時代。
 そして、30代ぐらいから、成長してく方向性が定まり、
30代後半から40代にかけては、開花の時期。
仕事でも、家庭でも、様々な重要や役割や仕事を任せられ
さまざまなシーンで中心になって活躍する場が必然的に多くなります。
家庭では母親や妻として大奮闘、
職場でもチーフや主任、管理職に抜擢される人も
増えるでしょう。
そうして様々な経験をつんだ女性は、大人としても成熟してきて、
思考や行動パターンもどんどんスキルアップ。
やみくもに立ち回っていた20代にくらべ、洗練された魅力がアップします。
「女人生」という舞台では、まさに主演女優時代です。
 40代後半から50代になると、次は果実を実らせる果実期に入ってきます。
自分の経験や仕事で培ってきたノウハウや成果という果実を
たわわに実らせながら、その実を他人にも与えることで、
他者の育成にも関わっていく・・。
他者を育てる、貢献するといった要素も増えてはきますが、
まだまだ自分が中心になって活躍する機会も残っています。
たとえば舞台でいうと、絶対に欠かせない、渋い助演女優時代とも
いえるかもしれません。
 そんなふうに、女性のハッピーエイジングについて、
私なりに解説させていただきました。

女性が、こんなふうなハッピーエイジングをしていくには、
やはり、自分のしたいことをあきらめずに、
人生の中で、自己実現し続けていくことが、大切ですよね。
社会の勝手な通念や常識にしばられず、
自分を枠にはめこむことなく、
精一杯、自分の可能性を広げていくことこそが、
ハッピーエイジングにつながります。
ぜひ、私の提案する「フルコースウーマン」を、
ひとりでも多くの女性に実践していただきたいなあと切望しています。
セルフサポートコーチング理論をご紹介することで、
女性のタフなメンタルと、身体の健康づくりに
役にたてていただければと願いつつ
これからも執筆や講演を続けていこうと、
今回のインタビューでも、志を新たにした私でした。
| 精神科医&作家 奥田弘美 | Let'sフルコースウーマン塾 | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:54 | - | - | - | - |









http://medical-life.jugem.jp/trackback/62