スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
健やかに正しく眠ることで、ひらめき力がぐんぐんアップする!
JUGEMテーマ:健康
好評をいただいています。
この本はもともと原題は「働く人の熟睡法」みたいなタイトルだったのですが
編集者の方があれこれ考えて上記のタイトルを勧めてくれました。

私は自分が一流とは全く思っていないので、
なんだかちょっと恥ずかしかったのですが、
実際、私がお会いした一流の方は、すべて睡眠をすごく大切にされていますし、
そのエピソードも本の中にたくさん書いたので、まあいいかなと(笑)
私はかなり素直な方なんです。

で、話を睡眠に戻しますが、とにかく睡眠の効果で絶大だと常々思うのが、
「ひらめき力」。
しっかりと正しく気持ちよくたっぷ〜り眠った次の朝は
私自身、バンバンひらめきが降りてくることがしばしば。
先に書いた来生たかおさんをラジオのゲストに呼ぶアイデアだって
しっかり眠った翌日に舞い降りてきたのですから・・・
そもそもラジオ番組のパーソナリティーという楽しい仕事も
睡眠後のひらめきによって浮かんだアイデアを
ダメもとでいいから実行してみたら、実現したのです。
これ以外にも書ききれないほど、ヒラメキが起こり、
それを実行していくことで得られたハッピーな事がたくさんあります。
ぜひあなたも、たっぷりしっかり眠ってください。
本にも書きましたが、一応、現代人の健康睡眠時間は
平均7時間と言われています。
あなたは7時間眠れてますか?
しかもぐっすりと深い良い睡眠をとるために、
夜や日中の生活を工夫していますか?
質の良い睡眠を得るためには、日中しっかりと交感神経をONにして活動し、
かつ夜には意識的にOFFにしていかなければなりません。
本書にはその一連の流れを朝、昼、夜のコツとして3つの習慣にまとめました。
睡眠は足りないとどんどん負債として蓄積していきます。
もちろん私も多忙なため、毎日きっちり7時間以上眠れるわけではないので
ついつい平日の睡眠は足りぐるしくなりがちです。
だからこそできるだけ早め早めに睡眠の負債は返済するように心掛けています。
特に土曜日は滅多に午前中に用事は入れないようにしていて、
土曜日は普段より2時間ほどしっかり多めに寝て負債を返しているんです。
こうした睡眠の負債の返し方もすごく重要なんですね。
ということで、ぜひ睡眠をしっかりたっぷりとって
しっかりと脳を休ませてメンテナンスしてあげて、
あなたも、ひらめき力をどんどんアップしてくださいね。
| 精神科医&作家 奥田弘美 | 心のデトックス法 | 19:21 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:21 | - | - | - | - |