スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
反抗期がきたら、お赤飯!
JUGEMテーマ:育児

「うっせ〜〜!」
「言われなくても、わかってんだよ〜〜」
「ちょっと黙れよ!!」
つい10分ほど前、10歳の次男が私に発した暴言の数々です。
お兄ちゃんがいる分、反抗期が早くやってきて、毎日大変です。...
口達者なので、言い合いになると大人にも負けていません。
私も本気で反撃して怒らないと、自分の我を押し通されます。
育児書には「感情的に怒ってはいけない」とか「頭ごなしに怒らずに理路整然と説明しろ」などと、
ごもっともな理想論が書かれていますが、
そんなゆうちょな神対応は、親子バトルの現場では無理というもの。
大声で怒鳴り返して全力で押さえつけないと、
腕白息子はわがままや非常識をゴリゴリ押し通そうとします。
子供とバトルが始まると、本当にエネルギー消費がハンパなく激しくて
むちゃくちゃ疲れるし、仕事も家事もできないのでイライラします。

でも反抗期が来たのは、順調に成長している証拠。健全な成長の証。
あるテレビの育児番組で「反抗期がきたら、お赤飯炊きなさい♪」と
ベテランお母さんコメンテーターが話していたのを思い出します。

反抗期が無かった子供というのは、実は親に「反抗期」が表出できなかっただけ。
家庭や親子関係に大きな問題があるので、抑圧せざるをえなかったのです。
すべての子供は直観力に優れていて、しかも親にとても優しい(根っこでは)。
だから「家の中が大変なので、自分の反抗期を出して迷惑かけたらいけない」と
自分で反抗期を抑圧してしまうのです。

「うちの子供は反抗期がなくて、大助かり。従順な子で良かったわ〜〜」なんて喜んでいたら大間違い。
あとから大きなしっぺ返しが親にやってきます。
引きこもり、家庭内暴力、いじめ、反社会的行動(いわゆる非行)などなど。
精神科医としてそうした症例をこれでもかっていうほど知っているので、
反抗期がきた息子とバトルしてエネルギー消耗しつつも、
心が落ち着けば、「反抗期は、めでたい。親として育児が間違っていなかった証拠。お赤飯ものだよね〜〜」と
自分で自分を褒めて慰めている日々です(苦笑)

| 精神科医&作家 奥田弘美 | 子育て フルコースウーマン | 13:44 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:44 | - | - | - | - |