スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
上手にマナーよく愚痴れば、ストレス解消効果あり!
JUGEMテーマ:健康
愚痴るって、ネガティブなイメージがあるし、
できるだけ止めた方がよいって、よく言われますよね。

でも私は信頼できる人にマナーよく愚痴るのはアリだと思っています。
なぜかというと、嫌な事や辛い事のストレスって、なかなか自分一人で浄化できないから。
カウンセリングはカウンセラー相手に思いのたけを語ることで
カウンセラーから有効なアドバイスがなくても、心を整理する効果があります。
ですが信頼のおけるカウンセラーを見つけるのって至難のワザ。

基本的にカウンセリングは、医療現場では医師のほか、臨床心理士の資格を持つ人が実施します。
臨床心理士さんで、街のカウンセリングルームをつくって個人でやっている人もいますが、
まだまだどこにでもあるというわけではなく、メジャーな存在じゃありません。
それにそういうことをしらない素人さんが、妙な民間資格のカウンセリングやセラピーに通って
余計に症状が悪化することも少なくありません。
もし自分の周りに、自分のことを理解してくれていて応援してくれている人がいたら、
ちょっと時間をもらって、心の辛さやモヤモヤを打ち明けてみてもプチ・カウンセリング効果は期待できます。
コツは相手の貴重な時間をもらっているとしっかり自覚し短時間で終える事。
私個人の基準でいうと、30分ぐらいかな?
もちろん相手が時間をとってくれやすい状況かどうかを事前に確かめておくことが大切です。
「今、ちょっと話を聞いてもらってもいい?」
「30分ぐらい電話大丈夫ですか?」などと
相手の都合を確認してから、お話しさせてもらいましょう。
自分の事を認めてくれて好意を持ってくれる人ならきっとじっくり話を聞いてくれますよ。
それにアドバイスをくれるかもしれません。
もしそのアドバイスがピンとこなくても、「ありがとう、やってみるね」「参考にしていみますね」と
感謝とともに受け取ってください。
間違っても「それって無理。だって〜〜〜だし、〜〜だから」などと
せっかくのアドバイスに反論しないこと。
プロのカウンセラーじゃないので、あなたにぴったりのアドバイスができなくても
それは仕方ないのですから。
こうして話を聞いてもらったあとは、お礼をしっかりいうのを忘れずに。
そしてできるだけ最後は建設的な楽しい話題で締めくくりましょう。
「ありがとう。おかげでとてもすっきりしたわ!
今度会うときは、美味しいものをお礼にご馳走させてね〜〜」とか
「話を聞いてもらったのでラクになれました。
次回は笑顔で会いにきますので、また一緒に楽しみましょう」といった感じです。
 
私も先日、ちょっと嫌なことに遭遇しまして、
とても聡明な友人に色々と話を聞いてもらいました。
自分で処理する思考法も職業柄あれこれ知っていますが、
自分一人だけじゃなかなか心が晴れないことも
実際にはあるんですよね。
おかげでとてもすっきりして心が元気になりました。
心の中を言語化するって効果は、すごいとだなと今さらながら再認識です。
明日もカウンセリングの予約が入っていますので
今度は自分がクライアントさんのお役に立つ番。
ますます頑張ろうと思います。
| 精神科医&作家 奥田弘美 | ストレス・うつ病 | 13:25 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:25 | - | - | - | - |