スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
「これならできる!魔法のスリム習慣」が毎日新聞にて紹介されました!夏太り、メタボ対策のダイエットにご活用ください。
JUGEMテーマ:健康

 本日の毎日新聞朝刊の16面、くらしナビのコーナーにて、
拙著「これならできる!魔法のスリム習慣」(太陽出版)が、紹介されました。

この夏という灼熱の季節こそ、私は、ダイエットを意識するのに
大切なシーズンだと思っていたので、すごく嬉しいです。
 なぜならダイエット外来をしていて感じるのですが、
最近は、夏痩せならぬ、夏太りする人が増えているように
思うからです。
 最近は、どこでも寒いくらい冷房が行き届いていますが、
その反面、外気との気温差が激しくなり、
自律神経系の乱れを起こす人が多くなっています。
自律神経系は、代謝もつかさどっていますから、
ここが乱れると、代謝が落ちてしまって、
脂肪が燃えなくなってしまいます。
 今まで、夏バテといえば、自律神経の乱れから、
食欲が落ち、体重が減る・・というパターンだったのですが、
ところがどっこい、昨今は、スウィーツだの、アイスだの、
冷やし系麺類だのが、コンビニでもたっぷり売られていて、
どこでもいつでも手に入る状態。
カフェで気がるに飲んでいる、スムージーやフラペチーノといった
デザート系アレンジドリンクだって、300カロリー近くと、
馬鹿になりません。
夏だけ「仕事のあとは必ずビール!」を
習慣にしがちな人も多いですが、
これまた、ジョッキ1杯の生ビールは、
200カロリー以上、あったりしますから、怖い怖い。
 つまり最近の夏は、食欲が落ちていても、知らないうちに
カロリーだけはとっている人が多いのです。
しかも甘いものや炭水化物系だけで、
体はどんどん冷やすわ、
タンパク質(アミノ酸やビタミン・ミネラル類は不足するわで、
代謝が輪をかけて、悪くなっていくのです。
 その結果、夏痩せならぬ、夏太りとなる・・というわけです。
 メタボ検診で、ひっかかりそうな方も、要注意ですよ。
 いつも夏になったら、体重が落ちるはず・・と
タカをくくっていると、予想を裏切る結果になることも
おおありですから・・・。

 こうした夏太りや、メタボ対策に悩んでいる方は、
もしよかったら、拙著「これならできる!魔法のスリム習慣」を
ご参考にしてください。
 この本には、私がダイエット外来の経験や、
自分自身のダイエット実践経験から導き出した、
ダイエットを成功させる習慣や
スリムをキープするための33のスリム習慣がご紹介してあります。
 ちなみに中年になってもスリムな人は、そのほとんどの方が体質ではなくて、
スリム習慣を、身に着けていて
知らず知らずのうちに、実践しているからなんです。
 そうしたスリム習慣を、本書で知っていただき、
健康なダイエットを実践していただけたら幸いです。
 

| 精神科医&作家 奥田弘美 | コーチングダイエット | 11:28 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:28 | - | - | - | - |