スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
10月になりましたね。秋の子供の行事・イベントをめいっぱい楽しむヒント〜私流子育てメリット発見〜
 今日から10月。ぐっと気温も涼しくなり、
汗ばむということも、ここ数日、経験しなくなりました。
 本格的な秋到来です。
 秋というと、食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋ということで、
いろいろなイベントや行事が、職場や趣味、サークルなどでも
目白押しとなりますね。
 子育て中の人にとっては、おまけに子供の行事もたっぷり入り、
秋の土日は、けっこう予定がいっぱいで〜という人も
多いのではないでしょうか?
 やはり子供と一緒の行事というと、運動会や文化祭、
各種スポーツの記録会、お稽古事の発表会などが思い浮かびます。
 もちろん、これらは子供の成長が味わえる楽しい行事であるのですが、
仕事や付き合いでメイッパイの状態のときには、
はっきりいって、ちょっと大変だなあって思うこともありますよね。
 そんなとき、私がよくやる発想の転換法があります。
 その極意?は、
「子供のための行事を、自分のための行事に変えてしまう。」
ということ。
 子供のために・・と思うから、「本当は家でゆっくりしたいんだけどなあ」
とか「本当は家にいて仕事の遅れを取り戻したいんだけど・・」なんて、
心の負担になるんですよね。
 そんなときには、子供の行事に行く「自分のメリット」を
探し出します。
 たとえば、運動会やスポーツ系競技会では、私は自分自身のメリットとして、
「ふだん話していない父兄の人と話して、情報収集できる」
「一日中外に出ているので、運動場をぐるぐる歩いて、
 運動不足解消ができる」(←これ、ダイエットにもなりますよね。)
を探し出しています。
 子供のピアノの発表会では、
「発表会用という大義名分のもと、自分自身も服を買える」
「先生や、上級クラスの模範演奏を聴けるので、
 低コストで、コンサート気分が味わえる」
「発表会でがんばったというご褒美ということで、
 ちょっと豪華なディナーを食べにいける」
なんてメリットを無理やり?作り出したりします。
 こんなふうに、自分自身へも、ちょっと得しちゃう、
楽しんでしまえるメリットを、どこからか探し出すと、
「子供のための行事」が、「自分のための行事」に
なってきます。
すると「行かなくちゃ」から、「ぜひ行きたい!」
に気持ちもチャンジしていき、より子供との秋を
たっぷりと楽しめることができるんです。
 ちょっとした発想の転換をすることで、
親も子供も両方ともに楽しめる、そんなステキな秋タイムを
めいっぱい作っちゃいましょう。
きっと相乗効果で、素晴らしい思い出になること間違いなし!ですよ。

※ ちなみに、この「自分のためのメリット探し」は、
子育て行事だけじゃなく、行きたくないけど行かなくちゃいけない
社員旅行とか、会議とか、得意先の接待とか、
そういった仕事行事にも、応用することができます。
ぜひ、いろいろ試してみてくださいね。

日の出7月25日、新刊「ココロ充電池 ストレス簡単計算式」(サンクチュアリ出版)を出版しました。 ゲーム感覚でストレスをカウントしながら、
ココロのエネルギーレベルを簡単に測定し、50種類以上の充電メニューから、楽しくエネルギーチャージできます。
公式サイトもできました。
PC は、下記のところから、どうぞ!
http://www.sanctuarybooks.jp/kokolo/
携帯(表示確認用)は、こちらから!
http://www.sanctuarybooks.jp/kokolo/mobile.html
 現在、アマゾンでも好評販売中です。
(本をクリックすると、サイトへ行くことができます。)

 

| 精神科医&作家 奥田弘美 | 心のデトックス法・セルフサポートコーチング | 10:58 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:58 | - | - | - | - |