スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
北海道を日帰りで、医療コミュニケーションの講演してきました。
 昨日は、北海道にて講演、もちろん、いつものごとく日帰りしてきました。
 日本矯正歯科学会大会という、大きな歯科医師さん、歯科衛生士さんの学会で、
2000名を超える方々が全国から集まってきている、すごい学会でした。
 そのなかのセッションで、スタッフ&ドクターセミナーとして、
私の提案するメディカルサポートコーチング法をご紹介してきたのですが、
なんと、立ち見まで出る盛況ぶりでした。
 これは、私自身もびっくり。
 歯科医師さんや、衛生士さんたちにも、コーチングコミュニケーションが
熱い注目をいただいていることを実感しました。
 医科と歯科、多少は違えど、健康や命を守る使命は共通です。
 世間で言われているほど、医療者は、コミュニケーションを
軽んじてはいないのです。
 ただ、今まで、適切なコミュニケーション法がなかったために、
どうしたらいいのか、わからなかった。
そして、そんな教育も、まったく受けてこなかった。
 だから、何とかしたいが、どうすればいいのかわからない、
という状態が続いていたんですね。
 それに加えて、医療現場が多忙すぎて激務であるため、
一人の患者さんに短い時間しか、かけられないため、
ついつい医療行為優先となり、
コミュニケーションを丁寧にする気持ちの余裕も持てないという
悪循環がおこっていたのが、今までの医療界なんです。
 でも、確実に、徐々に徐々に、医療界も変わろうとしています。
 私のような一勤務医が提案したメディカルサポートコーチング法にも、
大きな共感とご指示をいただけるのが、その証拠。
 医療は、特殊なサービス業です。
命や健康を守るために、時には 「生活指導」「闘病教育」といった
役目も負わねばなりません。
顧客の快楽をメインに考える、レストランやホテルとの快楽追求型サービス業とは
違います。
 そこのところが、現在まで、ごっちゃにされてきたように思います。
 だからCA(キャビンアテンダント)や、ホテルマン出身の方の提案される
一般接遇コミュニケーション法を導入しようとしても、
現場の実情や、実態が加味されていないため、
無理があり、なじまなかったんだと思います。
 これからは、医療者自身が患者さんの声に十分耳を傾けながら、
かつ、自分たちも自己犠牲しなくていい、双方快適なコミュニケーション法を
作り上げていく時期に、今、医療界は直面してきたように感じます。
 
 実は、今日も今から、日経ヘルスの記者の方から、
医療コミュニケーションについての、インタビューを依頼されています。
 患者さん側の不満、ご批判をアンケートされた資料ももらっていて、
まだまだ、医療者と患者さん側のすれ違いが多い事に実感しています。
 微力ではありますが、私のメディカルサポートコーチング法が
そんなすれ違いを防ぐ、何らかのヒントになっていただければと
感じています。
 私自身も、まだまだ未熟者。いま現在も、患者さんとのすれ違いが起こり、
反省する事も、ときどきあります。
人間 対 人間ですから、まったくトラブルなしに
カンペキなコミュニケーションを続けるのは、無理というもの。
こちらが良かれと思って言ったりしたりしたことも、
逆に取られてしまうことも、時には起こってしまいます。
でも、自分の中に、指針となるものがあれば、
そのすれ違いに、早くに気づき、軌道修正することも可能です。
 もっと医療者側と、患者さん側の意識の溝が小さくなり
本当のパートナーシップを実現させていけるように、
私も努力しようと、心新たにした一日でした。

 ちなみに、昨日、私のフォローをしていただいた
歯科医師の女医さんは、私のブログのファンで、
ずっと愛読していただいているとのこと。
「フルコースウーマン、すごく共感してます。
私も、フルコースウーマン人生をめざしてます!」と
おっしゃっていただき、びっくりでした。
こんなサプライズな嬉しい出来事もあった、ステキな北海道ミニトリップでした。
| 精神科医&作家 奥田弘美 | メディカルサポート・コーチング | 13:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:05 | - | - | - | - |









トラックバック機能は終了しました。