スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
フルコースウーマン、広がってます!
 昨日と今日は、クリニックのあと、東京・恵比寿にある
シュガーマトリックスさんという会社のご依頼にて、
フルコースウーマンセミナーを行ってます。
 ストロベリーフィールドという、ステキな女性服ブランドの会社というと
ご存知の方も多いはず。
 その会社の社長様が、私が依頼されているダイナーズ・カードホルダー向けの
セルフサポートコーチングセミナーの案内を見て、
「ぜひ自社の社員教育にも!」と、ご依頼いただきました。
「うちの社でも、せっかく、色々な経験をつんで、これから!というときに、
結婚や出産のために、辞めてしまう女性が多いんです。
これは、すごくもったいない事。
私は、子育ても、仕事も、全部してきたが、それがスゴク良い経験になって、
今の仕事にも、人生にも、とても役立っている。
ぜひ、社員にも、仕事を続ける勇気とタフさを持って欲しい。
そのために、ぜひ、先生のお話を聴きたくって・・」
と、目をキラキラ輝かせながら、お話になっていらっしゃいました。
 そうなんです。社長様自身が、フルコースウーマン実践者で
いらっしゃるんです。
 だから、社員さんにも、とても暖かなまなざしで、
エールを送っていらっしゃるんですね。
 私は、この会社で働ける女性は、すごくラッキーだなあと
まず感動してしまいました。
 
 セミナーの時間になって、集まってこられた社員さんは、
女性ファッションの会社だけあって、9割がた女性ばかりです。
しかも、みなさん20代から30代の、とってもおしゃれな方たち。
 皆さん、ばっちり最新の秋ファッションで決められているなか、
私はまだまだ、夏服に長袖のジャケットを羽織っただけという
中途半端ないでたちでしたが、元気にフルコースウーマンセミナーを
行って参りました。今日も、クリニック診療の後、お伺いする予定です。

 私の提案するフルコースウーマンという発想を
この会社の社員さんのような、これから結婚や出産という
人生の一大ライフイベントを経験される女性に知っていただきたい!
 そう、ずっと願ってきたのですが、
今、こういった形で少しずつ実現してきています。
私のフルコースウーマンとしての経験と、精神科医、コーチング・ドクターとしての
知識やアイデアが、少しでも女性のフルコース人生の
お役に立てたら嬉しいなあ・・そんな思いでセミナーをしています。
 
 先々週行った神奈川県庁労働福祉課主催の
ワーキングマザー支援事業での、フルコースウーマンセミナーの
アンケート結果も、とても嬉しいものでした。
 ワーキングマザーを続ける勇気が出た!
 働くことに、もっと自信を持ってもいいんだ!
 自分のフルコース人生を、しっかりイメージして、実現したいと思った!
などなど、私自身もが元気になる結果をいただいております。
 これから、どんどん、フルコースウーマンを実践する人が増えて、
社会が、どんどん、明るく活性化するといいなあ。
そうなると、少子化問題なんて、あっという間に解決!ですよね。
 ひとりでも多くのフルコースウーマン誕生を、期待したいと思います!

 
| 精神科医&作家 奥田弘美 | Let'sフルコースウーマン塾 | 11:32 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:32 | - | - | - | - |
お久しぶりです。かおるママです。
「フルコース人生」という言葉、本当に素敵!
毎日このブログを読ませてもらって
元気をもらっています。
へこみそうな時、何もかもあきらめモード、なげやりモードになった時、奥田さんの言葉にほっぺたをたたいてもらったり、背中を押してもらったり、ふんわりと抱きしめてもらったり・・・
ただ今6年ぶりの二人目ベビーの育児中で、前まではこのまま専業主婦もいいかなーと思ってたのですが、なんだが俄然やる気が沸いてきましたわ!!
勝手に奥田さんを私の心のメンターにしてぼちぼちとがんばっていきます。
これからも陰ながら応援してますねー!

| かおるママ | 2006/09/14 12:02 PM |
かおるママさん、こちらこそ、元気をいただくコメント
ありがとうございました。
お二人目の育児、大変だと思いますが、
どうぞ、かおるママさんの、フルコース人生実現のための
ちっちゃな一歩を、少しずつ踏み出していってください。
私もはじめは、小さな一歩でしたが、
気が付くと、大きく前進していました。
無理せずに、長く細く頑張ってくださいね。
| 奥田弘美 | 2006/09/15 12:26 PM |









http://medical-life.jugem.jp/trackback/116