スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
働く人は頑張っている
 「きっとみな自分励ましのぼってる金曜朝の駅の階段」

 とある金曜の朝、駅の階段を上っていたときに思いついた短歌です。
 働いている人は誰でもそうだと思いますが、週末に近づくに従って、
疲れがたまってきて、元気がダウンしてきますよね。
 私もそうです。
 セルフケア法を人一倍知っているし、実践もしているのですが、
やはり週末の疲れは否めません。
 特に金曜日は、それがピークに達していることが多いです。
その日の朝も、「あ〜あ、仕事休みたいなあ」 なんて気持ちを感じながら、
時間に急かされつつ駅の階段を上っていたのでした。
そんなとき自分と同じように足早に階段を上っていく
前後左右のワーキングマン、ワーキングウーマンに対し
なんとなく同志のような感覚をふっと覚えたのでした。
 きっと皆さん、「今日頑張れば、明日は休めるぞ」とか
「日曜日には、楽しみにしていた〜〜しよう」とか
「明日は仕事がないから、撮りだめしていたビデオを見よう」とか、
いろいろと自分を励ましながら階段を昇っているに違いない・・・。
 そんなふうに感じて、自分も頑張らねば・・・と気持ちを引き締めたのでした。

 以前、とある人から言われたことがあります。
「働いてもらったお金というのは、その額が多かろうと少なかろうと
あなたは社会の役に立っていますよ、という証拠なんだよ」
 仕事に疲れたときは、その言葉を思い出すようにしています。

 実は金曜日に行くクリニックは、自宅から一番遠くにあり、
けっこう重症の患者さんも来られるクリニック。
治療の効果が思うように出せず自己嫌悪に陥ったりすることも 
しばしばあります。
体調の悪い方に、きつい言葉を投げつけられて、
凹むこともあったりします。
だからひときわ、金曜の朝がつらく感じる日も多いのです。
 でもそんな中、うつ病が快方に向かい
またお仕事に復帰していかれる患者さんの笑顔に出会うと
本当に自分自身が助けられます。
 少しはお役に立てたかもしれない・・・と思えると、
金曜の疲労も憂鬱さも飛んでしまったりするのです。
 明日はその金曜日。
今週も疲労はたまりつつありますが、
自分を励ましながら出勤したいと思います。
| 精神科医&作家 奥田弘美 | 心のデトックス短歌 | 13:31 | - | - | - | - |
あきらめないド根性でがんばろう短歌
 「絶対にあきらめないぞ!のド根性 
   なにかを動かし なにかを変える」

 先日のブログの続きです。
 やっとやっと、8年間思い続けた念願の子供向けの本を出版できました。
「自分の体をお世話しよう〜子どもと育てるセルフケアの心」(ぎょうせい)

 本を書いてみたい!と思い始めたときから、
子供の読む本、児童書や絵本を書いてみたいと思っていたのです。
 未来を拓いていく子どもたちが、健やかな体と心を
自ら作り出していける知恵とスキルを身につけて欲しい!
 そんなふうに願って、原稿を書いていたのですが・・・・
でも、なかなかチャンスはやってきませんでした。
 大人向けの心系の本を出せるようになってからも、
いくどとなく
 
編集者の方や、所属しているエージェントに
話をもちかけてみたのですが、
「児童書や絵本は、特殊ルートだから・・・うちではねえ」
「絵本は実績のある人しか、無理なんですよ。今、出版不況で、絵本業界が
一番苦しいし・・・」
なんて、何度やんわり断られたことか。
 でも、しつこくしつこく、あきらめずにチャンスを探しました。
 今まで連載したり、原稿を提供した出版社のHPを片っ端から見て、
児童書や絵本を出しているところを調べて、
アタックし続けたのです。まさに体当たり営業です。
 で、今年の1月にやっとOKをいただけたのが、
「ぎょうせい」さんでした。
 お子さんがいらっしゃる編集長さんが見てくださり、
「これは、世に出すべき内容だ」と感じてくださったようです。
 子どもが自分の体と心をいつくしんで、
大切に大切に生きる力を育てて欲しい・・・
そんな私の親心に共感してくださいました。
 直接担当してくださった可愛い女性編集者さんも、
お母様から、健康の大切さとその躾を
しっかりと受けて育ってこられたということで、
すごく力を入れて編集してくださいました。
 そのおかげで、自分でもびっくりするほどの
素敵な本にしていただきました。
 各章とも、子どもが読むページと大人が読むページの
二部仕立てになっていて、
しおたちひろさんの、生き生きしたイラストが満載です
 帯には、あの教育評論家の尾木直樹先生から
「童話と医学の見事な融合。
自分の体に感謝し生きる意欲が湧く。」
という素晴らしいお言葉をいただきました。
 で、 この出版の経緯をもとに、上述の「あきらめないド根性」短歌も
浮かんだという次第です。
 今年一番の嬉しいご報告でした。
 
| 精神科医&作家 奥田弘美 | 心のデトックス短歌 | 00:00 | - | - | - | - |
角川全国短歌大賞で、秀逸賞をいただきました。
 「リルリララ吾子はねるたびリリロレロ黄色のリュックのすずのリリロロ」

 すっかり更新しないまま、真夏になってしまいました。
 まあ、毎日、どうしてこうも忙しいのか。
 育児に精神科医の仕事、そして執筆と趣味の短歌にと、
欲張りすぎているのが、いけないのですが。自業自得ですね。

 でも、そんななか、嬉しいことが二つありました。
 ひとつは、上記の短歌が、角川全国短歌大賞で、
佐々木幸綱先生選に入って、秀逸賞をいただいたこと。
 きちんと先生について短歌をはじめて半年足らずで、
賞をいたただけたということは、本当に励みになります。
 
 この短歌は、6歳の次男が、黄色のリュックを背負って
はしゃいでいる姿を見て浮かんだもの。
リュックにお守りの鈴をつけているのですが、
ぴょんぴょんと次男が跳ねるたびに、
なんとも楽しい音色を奏でてくれるのです。
とても響きのよい音色の鈴なので、
どんなふうに表そうかと思って試行錯誤した結果、
この短歌になりました。

 もうひとつの良いこととは、念願の子供向けの本を
やっと出版できたことです。
「自分の体をお世話しよう
〜子供と育てるセルフケアの心〜」

というタイトルで、ぎょうせい出版から
出していただきました。
 この本の出版には、かなりの苦労があったのですが、
この話については、明日、ご紹介したいと思います。
表紙
| 精神科医&作家 奥田弘美 | 心のデトックス短歌 | 10:56 | - | - | - | - |
心のデトックス短歌テーマ「希望」
 「きっとまたいいことあるさと頑張るたび
いいことの芽がぷっくり膨らむ」

 やっと春がやってきました。
 3月末は、「春はどうなっているの?」と怒りたくなってしまうくらい、
日本全国に冬空が鎮座しておりました。
 予想外の寒さに、お風邪をひかれた人もいるのでは??
 でも!今日からは、しっかり 春ららら〜♪ ♪ですね。
 そんな春にぴったりの短歌をつくってみました。

 今、桜のつぼみが、サーモンピンクにぷっくり膨らみきって、
ほっほっほっと、ほどけて花が咲きはじめています。
 大地には、さ緑が芽吹きはじめ、
菜の花の黄色と見事なコントラストを描いています。
 まさに、希望の春の到来ですね。
 冬の寒さをじっとじっと耐え続けていたゆえに、
春のもたらす喜びははかり知れません。
 もし冬がなければ、きっと春はこれほど
輝いて見えないでしょう。

 きっと人生も同じです。
 つらい時代、思うようにいかない時期がまさに冬。
 この冬の日々を耐えて乗り越えた人には、
必ず春がやってくるはず。
「きっとまたいいことがある」と
あきらめずに、頑張りつづけていくと、
小さな芽がゆっくりゆっくりと膨らんでいき、
必ずきれいな花がほころぶはずです。

 前回ブログに書いたフィギュアスケーターの浅田真央さんは、
3月末の世界選手権で、キム・ヨナに勝って
堂々と金メダルをとりました。
浅田選手は五輪のあとも1日しか休みをとらず、
がんばり続けていたそうです。
 キム・ヨナ選手は、五輪のあとの疲れが出たので
本調子じゃなかったとか、
練習が思うようにできなかったとか、
真央ちゃんの優勝にケチをつける記事もありますが、
トップアスリートは体調管理も実力のうちのはず。
もしどうしても体調が悪ければ、
棄権という手段もあったでしょう。
試合に出てきた以上、「疲れていた」は
言い訳になりません。
 浅田選手は、「あきらめない」素晴らしい頑張りで、
見事、世界女王の座を
五輪後わずか1か月で奪還したのです。
 素晴らしいなあと感動しました。
 
 春夏秋冬の四季があるように、
人生にも冬が訪れる時期が避けられません。
そんなときにも、ぜひ「いいことあるさ」と
あきらめず、希望の芽を膨らませて
春を呼びよせたいと思います。
 
 
| 精神科医&作家 奥田弘美 | 心のデトックス短歌 | 14:08 | - | - | - | - |
心のデトックス短歌 テーマ「希望」
JUGEMテーマ:ニュース

「挑戦という熱き希望をありがとう 
   プルシェンコ様 浅田真央様」
 

 かたずを飲んで見守っていたオリンピックのフィギュアスケートが終わりました。
 フィギュアスケートが大好きな私は、ブログもそっちのけで、
毎日、テレビやネットで情報をさがしながら、応援していました。
 昔からプルシェンコ氏のファンでしたし、浅田真央ちゃんも当然ながら
応援していました。
 でも、私が応援していた二人は、残念ながら銀メダルとなってしまいました。
 いえ、銀メダルをとったということは、
それはそれは本当に本当に凄いことだと思うのですが、
超に、超がいくつついても足りないくらいの
この二人の天才トップスケーターには、
やはり、「残念」という気持ちが抑えきれません。

 はっきりいって、今回のフィギュアスケートの結果は、
かなり後味の悪いものでした。
 なぜ、男子では希少な4回転ジャンプをとんだプルシェンコより、
女子でも飛べるトリプルアクセルしか飛ばなかったライサチェックのほうが
上なのか?
 女子では未踏の3回ものトリプルアクセルを完璧にとんだ真央ちゃんが、
誰でもできるトリプルートリプルをとんだキムヨナに負けるのか?
 プルシェンコ氏が、ずっと果敢に抗議声明を続けていたように
「これでは、スポーツでない!!!!」と思います。
 フィギュアスケートは、「芸術性」なるものが加点されるため、
以前の旧採点法の時代から、
ジャッジの主観や好みによって点数が左右される欠点がありました。
新採点方式になっても、やはりその欠点がなおっていないことが、
今回で実証されてしまいました。
 フィギュアスケートは、あくまでもオリンピックの競技なのですから、
アスリートとしての能力をもっと評価すべきだと思います。
 つまり、水泳や陸上やスピードスケートなどすべてが
一番早いタイムを出したものに栄冠が与えられるように、
高飛びが一番高く跳べた人に金メダルが与えられるように、
世界で数人しか完璧に飛べない4回転ジャンプを成功させる能力
女子で殆ど飛べないトリプルアクセルを3回も成功させる能力に
もっともっと加点を与えるべきなのです。
 「誰でもできる技」が、ただキレイだった、高く飛べた、
完璧だったというだけで、前述のスーパージャンプを越える加点が
つくことが、納得できません。
 これでは、フィギュアスケートはスポーツではなく、
ただのショー、もしくはバレーなどの芸術になってしまいます。
スケーターは、アスリートじゃなくて、ただのダンサーに
なってしまうと思います。
 
 この点に早くから気がついて フィギュアスケート界に一石を投じるために
一度引退しかけたプルシェンコ氏が、
満身創痍の体にムチ打って オリンピックに戻ってきてくれました。
はっきりいって、一度現役生活をやめたアスリートが
現役レベルの筋肉に戻すのは、ほぼ不可能に近いと思います。
ですが、プルシェンコは、それを見事短期間に達成して、
4年間ずうっとアスリート生活を続けていた選手たちに
見劣りしない素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。
 彼の果敢な勇気と志に、心から心から拍手を送ります。

 そして浅田真央ちゃんの、素晴らしい挑戦!!
世界で3人(伊藤みどりさんと中野ゆかりさんと真央ちゃん)しか
跳ぶことのできないトリプルアクセルを
3回も完璧に跳んだ!!
それだけで、普通のスポーツ種目なら、
ダントツ金メダルです。
 フィギュアスケートという悩ましい種目であるがゆえ、
その努力と挑戦と能力が
過小評価されてしまったことが残念でなりません。

 私は、どんな結果にも、必ず意味があると思っています。
 ですので、プルシェンコ氏と真央ちゃんの悔しい結果は、
きっと神様が、
「これからももっともっと スケートを続けて
人々に勇気とパワーを与えてあげなさい」
というメッセージだと思えてなりません。
 プルシェンコ様は、フィギュア界改革の旗手として、
真央ちゃんは、さらなる高みをめざして、
また4年間、がんばって活躍してください・・・・。
 きっと運命の神様が、そういっているのではないでしょうか?
 プルシェンコ氏がもし、今回金メダルをとれたなら、
きっと彼は本格的に現役を引退したでしょう。
 真央ちゃんがもし、今回金メダルをとれたなら、
次の五輪までモチベーションが保てるかどうか・・・。
 幸運の神様は、二人にきっと4年後に
大成功と最高の幸福を残しておいたに違いありません。

 幸いなことに、今度のオリンピックは、
プルシェンコ氏のお膝元であるロシアのソチです。
今回おこった採点に対する疑惑と波紋が広がり、
きっとそれまでに、採点法が改善されていると
思います。
 そしてきっと来年のオリンピックには、
真央ちゃんとプルシェンコ氏が、
一番高い台に上がって、
金メダルを胸に輝かせているはずです。
 プルシェンコ様、真央ちゃん、
「挑戦」そして「あきらめない」という
素晴らしい熱い感動&希望パワーをありがとう。
 私も二人からもらったエネルギーで、
自分のすべきこと、なすべきことを頑張ります。
 本当にありがとう。
 これからも、ずっとプルシェンコ様と真央ちゃんを
応援していきますね!!






 

| 精神科医&作家 奥田弘美 | 心のデトックス短歌 | 21:22 | - | - | - | - |