スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
自分の心に素直にマインドフルに生きる勇気を持てば、ストレス太りは解消する。
JUGEMテーマ:健康

久しぶりのブログ更新です。

最近、脳ダイエットカウンセリングをしていて
気が付いたことを書いてみたいと思います。
私は産業医といって、現在20社の会社さんと契約し
私の方から会社に出向いていって、
その会社の社員さんと色々なテーマでカウンセリングを行っています。

その中で、最近、ストレス太りに関するものがありました。

「ストレスがかかると、甘い物が欲しくなって食べてしまうので
なかなか痩せられない・・・どうしたらいいですか?」
という30代の女性社員さんからのお悩み相談でした。

彼女の話を聴いていると、
彼女のストレスは多岐にわたっていました。
職場の人間関係、同僚や上司はもちろんのこと担当クライアントとの
大小の様々なトラブル、意思疎通の不全感。
そしてプライベートでの恋人や親との関係。
ひとつひとのシチュエーションは全く違います。
しかし共通しているストレスは、
「いつも私ばかり我慢しなくてはいけない」という心の抑圧でした。
彼女はいわゆる「優しく思いやりのある女性でありますように」と
両親にしつけられ、それをそのまま自分の理想にして生きている女性でした。
だから、相手にできるだけ合わせようとする。
自分がNOと言って嫌われたり、「わがままだな」と責められたりするのが怖いから、
極力自分の意見を言わない。
そんな生活を公私ともに続けているため、
常に「自分だけは必死で我慢している。そして相手に思いやろうと頑張っている。
でも周りはそれを察してくれないし、
褒めてもくれない。」
という不満が溜まり続けていたのです。
その結果、憂さ晴らしの方法として、
「食べる」という行為に走ってしまっていたのです。
甘い物は、たしかに食べると心がほっとしたりリラックスしたりする効果が
あります。
赤ちゃんが飲む母乳は、実はほんのり、いや、かなり甘いのです。
牛乳よりも実は甘い。
だからこそ、人間はつらい時や疲れた時、寂しい時には、
甘い物が欲しくなる人が多いのです。
もちろん、血糖値がすぐに上がるために、
空腹で疲れた体に甘い物を入れると
即効性にエネルギーが湧き快適に心地よくなります。
こうした快感の記憶が残っているため、
疲れやイライラを感じたら、甘さのあるものが欲しくなるのです。
また脳のセロトニンは、心を穏やかにするストレスに対抗する脳内物質ですが、
ストレスをためている人は脳内のセロトニンが不足しがちになります。
不足したセロトニンを合成するためにも糖分が必要です。
トリプトファンというタンパク質を原料として作られるのですが、
肉などから摂取したトリプトファンを脳に運ぶにはブドウ糖が必要なんです。
だからストレスを貯めていると甘い物が欲しくて仕方なくなるのです。
と、いろいろと詳しくしくみをつい書きすぎましたが・・・
とにかく「自分の気持ちを我慢することを家でも職場でも続けているストレス」で
彼女は甘い物が止められなくなっていたのです。
で、私からのアドバイスは、
まず「自分の気持ちを抑えつけないで、少しでも伝えていきましょう」ということ。
アドラー心理学の「嫌われる勇気」が大ベストセラーになっていますが、
とにかくこの本のメッセージも
「嫌われてもいいから、
自分の心に素直になって生きること。
それが本当の幸せにつながる」
というところがメインだと思います。
「すぐに自分の気持ちを相手に伝えろと言っても、その勇気がない」という人や
「我慢しすぎてしまって、自分の気持ちがわからない」という人は、
まずは自分の心と身体と向き合う時間を作ってください。
1日5分でも構いません。
眼を閉じて、
「本当はどうしたいの?」と心に尋ねてあげましょう。
それでもわからなければ、しずかに呼吸をゆっくりと
鼻先の息の流れを感じながら、
何度も何度も繰り返します。
するとぼんやりと自分の本当の気持ちが湧き出てくることもあります。
何かが浮かんで来たら、「私は〜〜〜と思っているんだ」と認めてあげて
また静かに呼吸に意識を戻してください。

これは、現在マインドフルネス瞑想という名前で
精神医学でも取り入れられている心を整える瞑想法の一つです。
こうした瞑想法も活用して、心と毎日向き合いましょう。
まずは心に向き合って、自分の気持ちを認めて上げる。
そして過剰な我慢をやめて
「私は本当は〜〜〜したい」
「だから、あなたの望むことは全て叶えてあげられません」
と伝える勇気を持つこと。
あなたの気持ちを伝えることで、
怒ってしまったり、
ひどい仕打ちをしてくる人とは、
離れる勇気を持ってください。
「私が過剰な我慢をしなければ付き合えないという人からは、
嫌われてもいいや〜〜」という
まさに「嫌われる勇気」を持つと、ストレスが溜まりにくくなります。
アドラー心理学でも繰り返し書かれていますが
全ての人に好かれることは不可能です。
また自分を理解しようとしてくれない、自分を大切にしてくれないような
一部の人から嫌われることは、決して悪いことではありません。

世界は果てしなく広いし、大勢の人間が暮らしています。
ごく一部の人に嫌われたとしても、
絶対あなたを認めてくれて、ありのままの姿のあなたを
好きだと言ってくれる人が、必ずどこかにいます。
それに気づけば嫌われることを過剰に恐れる心が減ってきます。
そして少しずつでも
「そのときどきの自分の気持ちを大切にした行動」が
できるようになってきます。
これをマインドフルな生き方と呼んでいます。
マインドフルな生き方ができるようになればなるほど
ストレス食べも自然に減っていくはずです。
| 精神科医&作家 奥田弘美 | 心のデトックス法 | 12:42 | - | - | - | - |
OFF期間は徹底して「緩めましょう」〜働く人の良い睡眠のために その2〜
JUGEMテーマ:健康

《 謹んで初春のお慶びを申し上げます 》

皆様、明けましておめでとうございます。
お正月、いかがお過ごしですか?

私はここ数年、仕事納めから仕事初めまでのウィンターホリデイは
徹底して「緩めること」を意識して実践しています。
今までは仕事納めしたあと大慌てで掃除して、年賀状書いて、
帰省の準備して、元旦朝にバタバタとお祝いもそこそこに
関西へ帰省、そして4日に帰京・・・
という慌ただしいウィンターホリデイを
繰り返していたのですが、
数年前からキッパリ改めました。

なぜかというと、こういう過ごし方をしていると
仕事でたまりにたまった疲れや緊張がまったく抜けないから。
新年をハツラツと心朗らかにスタートするためには
前年に溜まりまくった疲れやストレスを
綺麗にクリーンにデトックスしておくことが必要だということに
気が付いたのです。

働いている人は、仕事納めに向けてのラストスパートで
普段にも増して「巻き」で仕事しなければならず、
さらにそこに忘年会や年末の挨拶業務が加わり、
どうしても慌ただしく緊張した年末を過ごさざるをえません。
しかも冬の寒さが12月になるとぐっと厳しくなり
体そのものにもストレスがぐんとかかってきます。

こうして体にも心にもびっし〜り溜まりまくった疲れやストレス、緊張を
年末年始の休みでスッキリとるには、
できるだけ「時間に追われず」「ゆったりのんびり」
精神的にも肉体的にもリラックスして過ごすことが数日間は必要。
そして、もちろん7時間以上の「たっぷ〜〜り睡眠」は、マストです。
年末に知らず知らずにたまってしまった睡眠負債(睡眠不足の蓄積)は
数日かけて、きっちり清算しなければ、完全な疲労回復はできません。
睡眠負債は、1日2日程度の寝不足であれば、
ぐっと1日しっかり眠ることで清算できますが、
月単位のものになると、1日では解消しきれないのです。
数日連続でしっかりたっぷり眠るという
「分割返済」しないと、心身から疲れが完全に抜けきりません。
 
私は28日ぐらいから、朝は目覚まし時計をかけず
目が自然に開く時間にできるだけ起きるようにしました。
大体普通の平日は朝7時ぐらいに起きるのですが
12月にどうしても蓄積してしまった心身の疲れがあり、
3~4日はだいたい朝9時か10時ぐらいに目が開きました。
この程度の遅寝ならば、体内時計のリズムも乱れずに
ゆっくりと睡眠の負債を清算していけるのです。
いくらのんびりといっても、二人の子持ちの主婦でもあるため、日中は
大掃除をしたり、正月の買いだしや家族の食事の世話などと
けっこう体は何かと動かしていました。
が、時間に追われず、自分のペースでゆっくりすることを心がけていたため、
仕事の忙しさのような緊張やストレスはたまりませんでした。
で、元旦の本日、ほぼ旧年の疲れやストレスをすっきりデトックスできまして、
清々しい気持ちで、本ブログを執筆しているというわけです。
う〜ん、体と心からストレスと疲労がスッキリ抜けきると
本当に気持ち良い意欲や思考、爽やかなエネルギーが
自分の中心の奥深いところから静かにこんこんと湧いてきます。
 
というわけで、年明け早々からストレスや睡眠の話となってしまいましたが、
とにかく皆様も、ウィンターホリデイは
できるだけ「時間に追われずゆったり、のんびり」&「たっぷ〜り睡眠」で
旧年の疲れ・ストレスを徹底的にデトックスしてくださいね。
ちなみにこうした休日のOFFの方法、心身を緩めるコツは、
第4章に詳しく記載していますので、
さらに詳細をお知りになりたい方は、ぜひ参考になさってくださいませ。
 
今年も皆様の心と体の元気と幸せに役立つヒントを
本の執筆、ブログ、日々のカウンセリングのほか
ラジオ(FM世田谷金曜午後11時半)、雑誌などの
さまざまなメディアを通じてお伝えしていこうと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
| 精神科医&作家 奥田弘美 | 心のデトックス法 | 14:45 | - | - | - | - |
健やかに正しく眠ることで、ひらめき力がぐんぐんアップする!
JUGEMテーマ:健康
好評をいただいています。
この本はもともと原題は「働く人の熟睡法」みたいなタイトルだったのですが
編集者の方があれこれ考えて上記のタイトルを勧めてくれました。

私は自分が一流とは全く思っていないので、
なんだかちょっと恥ずかしかったのですが、
実際、私がお会いした一流の方は、すべて睡眠をすごく大切にされていますし、
そのエピソードも本の中にたくさん書いたので、まあいいかなと(笑)
私はかなり素直な方なんです。

で、話を睡眠に戻しますが、とにかく睡眠の効果で絶大だと常々思うのが、
「ひらめき力」。
しっかりと正しく気持ちよくたっぷ〜り眠った次の朝は
私自身、バンバンひらめきが降りてくることがしばしば。
先に書いた来生たかおさんをラジオのゲストに呼ぶアイデアだって
しっかり眠った翌日に舞い降りてきたのですから・・・
そもそもラジオ番組のパーソナリティーという楽しい仕事も
睡眠後のひらめきによって浮かんだアイデアを
ダメもとでいいから実行してみたら、実現したのです。
これ以外にも書ききれないほど、ヒラメキが起こり、
それを実行していくことで得られたハッピーな事がたくさんあります。
ぜひあなたも、たっぷりしっかり眠ってください。
本にも書きましたが、一応、現代人の健康睡眠時間は
平均7時間と言われています。
あなたは7時間眠れてますか?
しかもぐっすりと深い良い睡眠をとるために、
夜や日中の生活を工夫していますか?
質の良い睡眠を得るためには、日中しっかりと交感神経をONにして活動し、
かつ夜には意識的にOFFにしていかなければなりません。
本書にはその一連の流れを朝、昼、夜のコツとして3つの習慣にまとめました。
睡眠は足りないとどんどん負債として蓄積していきます。
もちろん私も多忙なため、毎日きっちり7時間以上眠れるわけではないので
ついつい平日の睡眠は足りぐるしくなりがちです。
だからこそできるだけ早め早めに睡眠の負債は返済するように心掛けています。
特に土曜日は滅多に午前中に用事は入れないようにしていて、
土曜日は普段より2時間ほどしっかり多めに寝て負債を返しているんです。
こうした睡眠の負債の返し方もすごく重要なんですね。
ということで、ぜひ睡眠をしっかりたっぷりとって
しっかりと脳を休ませてメンテナンスしてあげて、
あなたも、ひらめき力をどんどんアップしてくださいね。
| 精神科医&作家 奥田弘美 | 心のデトックス法 | 19:21 | - | - | - | - |
《願望実現》 木を立てるためには、地盤を固める行動を地道にしていくこと!
JUGEMテーマ:学問・学校

とあるメルマガより、ニーチェの素敵な言葉を入手しました。
カウンセリングしながら常々思っていたことを、ニーチェが素晴らしく表現してくれています。

『 飛ぶことを学んで、
それをいつか実現したいと思う者は、
まず、立つこと、歩くこと、走ること、...
よじのぼること、踊ることを
学ばなければならない。

He who would learn to fly
one day must first learn to stand
and walk and run and climb and dance;
one cannot fly into flying.

フリードリヒ・ニーチェ
Friedrich Nietzsche 』


私なりに解釈すると・・・大きな夢を実現するためには、学ぶだけじゃだめ。
その夢を実現するための基本となる地盤を整えることを学び、
かつ実行しなくては、大きな木は立てられない。
たとえばセミナーに出て資格だけとっても、それを活かせる場所や仕組みを整えないと、
ただの資格マニアで終わってしまう。
願望を紙に書いてひたすらイメージしても、
一歩一歩現実化していくための地盤がための方法を学び、
かつ行動しなくちゃ現実は動かない。
ってことかなと思います。


私は好奇心が強いので、自己実現系セミナーや心理系セミナー、時にはスピリチュアル系セミナーにも
気軽に参加します。
そこで知り合ったいろいろな方とお話していると、「〜になりたい」「〜したい」と
願望を口にする人は多くいますが、
それを現実化していくための地盤づくりの行動ができていない人が多い。
セミナーで新しい学びをもらっても、高価な資格を授与されても(NLPやコーチングなどの
一般向けセミナーでは規定時間の出席があれば、ほぼ100%資格はもらえます)
それが自分の現実という土壌に根付いていかない人が多いように思います。

あらゆる自己実現法も心理メソッドもコーチングも、ただ学ぶだけでは現実は変わりません。
祈っているだけでは、現実は変わらない。
知識を入れるだけでは、現実は動かない。
今の自分の生きている現実の状況を変えていく、日々の地道な行動の継続がとても大事だと思います。

 

| 精神科医&作家 奥田弘美 | 心のデトックス法 | 14:38 | - | - | - | - |
あけましておめでとうございます!ラジオ新番組スタートのお知らせ
JUGEMテーマ:ニュース
JUGEMテーマ:健康

あけましておめでとうございます。
新年いかがお過ごしでしょうか?
昨年は拙著「何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたから」が
ベストセラーとなったり、その関係で色々なお仕事をいただいたりと、
ばたばた忙しく動いていたため、ブログの更新ができないままにあっという間に
大晦日となってしまいました。
明けて1月1日、お正月行事もひと段落したため、今日はやっとブログに向かっています。
今年も1年、どうぞよろしくお願いします。
さて新年から私は今までの執筆、講演に加え、新しい方法で
心を元気にするメッセージを皆様に伝えていけることとなりました。
なんと! ラジオ番組にてパーソナリティーを務めることとなったのです。

FM世田谷83.4MHz 毎週金曜日午後11時半より
「三浦和人とドクター弘美の心デトックスナイト」
が1月2日よりスタートします!!
FM世田谷はラジオ以外にもHPからインターネットラジオ経由で全国でお聴きになれます。
また「Tunein Radio」のアプリをインストールしていただくと
いつでもどこでもお聴きになることができます。

番組では心のデトックス効果のある70年代、80年代中心のJポップを中心に
曲だけじゃなく歌詞にも焦点をあてて精神科医の目から言霊をクローズアップしながら
心のストレスをデトックスする効果のある素晴らしい名曲をご紹介していきます。
ドクター弘美の心デトックスコーナーでは、簡単で実践的な
メンタルケア&セルフケア法もお伝えしていく予定。
三浦和人さんは、ご存知の方もいらっしゃることと思いますが
「愛はかげろう」を大ヒットさせた元・雅夢のリードボーカルをなさっていた
有名なシンガーソングライター&アーティスト。
雅夢が解散したあとも、マイペースで精力的に楽曲を発表し
コンサート活動を全国展開されています。
私は実は中学生の頃ファンであり、密かにファンレターも出したことがあるという・・・(笑)
不思議なご縁でリアル三浦さんとお出逢いし、お仕事も一緒にできることになりました。
私にとって、ラジオのレギュラー番組を持つということは
新境地であり、大きな挑戦のひとつ。
皆様に心を元気に朗らかにするメッセージを伝えていくことができる新活動を
執筆ともにワクワク楽しんで行きたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。
心デトックスナイト
| 精神科医&作家 奥田弘美 | 心のデトックス法 | 15:49 | - | - | - | - |