スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
苦労を語る人、語らない人
世の中には、自分の人生の苦労を語る人がけっこういる。
ちょっと親しくなったら、自分がいかに苦労してきたか、
大変だったかを語り出す人がいる。
または、お酒が入った時など限定で、
「実は自分は、今まで〜〜〜な苦労をしてね」などと
苦労話を披露する人もかなり多い。
だが私は口下手であり、根が人見知りで恥ずかしがりのせいもあり、
お酒が入っても滅多に自分の苦労話をしないほうだ。
 
だから周りの友人も知人もごく一部の人を除いて
「仕事も家庭も子育てもすべて順風満帆な幸せな人」だとか
「お医者さんでエリートで苦労を知らない恵まれた人」だとか
けっこうそんなイメージで私のことをとらえているらしい。
だが仕事も家庭も子育ても、順風満帆に維持し続けることこそ、
実は大変な労力がいるのである。
常に四方八方に目を光らせ、
バランスが崩れかけると見逃さずに修正する。
子供や夫との家族バランス、仕事と家庭にかけるパワーパランス、
自分の体と心のバランスなどなど
バランスを常にとっていくためには、
日々の地道なメンテナンスが絶対的に必要不可欠なのだ。
逆風がやってきたら、すばやく帆を張り
時には進路を変更する。
女一人でフリーランスで仕事をしていると、
たまに海賊みたいな卑劣な輩に理不尽なことをしかけられることもある。
そんなときには、意を決して応戦したりもする。
 
でもそんなことは、私は滅多に口にしない。
なぜかというと、精神科医という職業柄、
もっともっと大変な苦労している人を沢山知っているし、
私ごときの苦労話をするなんて、そういう人達に対しておこがましいから。
それに自分が話すより人の話を楽しく聴いているほうが好きだから。
 
だが先日、とある書籍の企画会議の席で
「働く女性が仕事も家庭も子育てもハッピーに両立させるコツを書きたい」と言ったところ
某男性A氏から、
「お金持ちの恵まれた女医さんの自慢話ですかあ?」とバカにされた。
これには自分でも驚くほどカチンときた。
涙が出るほど悔しく感じたのは、自分でも意外なほどだった。
 
13年前に家族だけで関西からポコッと縁もゆかりもない東京に出てきて、
事情があって夫の年収がいきなり半分以下になった。
3歳の長男と0歳の赤ん坊をかかえながら
子育てを助けてもらう親族も友人もいないなかで
一家の半大黒柱として医者業や執筆業を続けていく過程では
マタハラもパワハラもセクハラも経験した。
労働相談所に飛び込んだこともあったけ。
そんなことが映画の回想シーンのごとく頭をよぎった。
 
その某男性のA氏は子供がいない男性だった。
奥さんはいるらしいが、ダブルインカムで
夫婦ともに何にも縛られることなく、
思いっきり好きな仕事に打ち込んでいる人だった。
重要な交渉の最中に、保育園から熱が出たから迎えに来いと
電話がかかってきたこともないだろう。
子供が病気になるたび、どちらが休むかと
夫とケンカしたこともないだろう。
子供が学校へ行きたくないと泣いて
朝、家を出られなくなって遅刻して
クライアントからクレームを受けたこともないだろう。
疲れ切っていても駆け足でスーパーで買い物し
帰宅後ほっと腰かける暇もなく食事を大慌てで用意したこともないだろう。
ビジネスチャンスに繋がると確信する食事会の夜、
子供が熱を出したために泣く泣くキャンセルしたこともないだろう。
子育てしていない人には想像もできない苦労が
子育て中はとにかくいっぱいいっぱいあるんですよ。
特に女性がこの日本社会で一人前に責任もって働こうとすればするほどね!
そのA氏にささやかながら反論したくなって、
滅多にしない苦労話をブログに書いてみたくなった。
 
どんなに幸せそうに見える人の人生にだって
絶対苦労はある。
むしろ仕事でも家庭でも幸せをいつも維持しているように見える女こそ、
幸せを乱しにくる様々な大小の敵と
舞台裏では髪振り乱しつつ日々戦って
コツコツ小まめに排除しているからこそ、
幸せを維持できているってことも多いのだ。
とりとめもないブログになってしまったけど、
ワーキングマザーのみなさん、世の鈍感な男性たちに負けずに
これからも美しく強くしたたかに頑張りましょう!

 
| 精神科医&作家 奥田弘美 | About Me | 19:39 | - | - | - | - |
アドラー心理学の大家・岩井俊憲先生が拙著をお勧めくださいました。
JUGEMテーマ:健康

アドラー心理学ってご存じですよね?
最近特に大注目されている心理学です。

私は最近ブームになるずっと以前からこの心理学には大変興味があり
自分で本を読んで勉強していたのですが、
昨年、ヒューマンギルドという
日本でアドラー心理学の研修をずっと実施されている
老舗研修会社さんでようやく受講することができました。
ヒューマンギルドを設立された岩井俊憲先生に
直接教えていただき、アドラー心理学の素晴らしさを
実際に確かめることができました。

アドラー心理学は、一言でいうと「健康な人がより自己実現をするための
心理学」です。
いわゆる「病気の人を健康に戻すため」の心理学ではありません。
私は学んでみて、アドラー心理学が全ての現在の自己実現理論、
成功哲学などの基本になっているんだなと実感しました。
特に岩井先生がひときわ熱心に教えてくださる
「勇気づけ」の理論・手法は素晴らしく、
子育て、夫婦関係、上司部下関係、友人関係など
全ての人間関係で最高に役に立つ内容です。
ぜひ皆さんも一度岩井先生のアドラー理論に触れてみてください。
とてもわかりやすいマンガの本も出ています。
「マンガでやさしくわかるアドラー心理学」

その素晴らしい心理学を日本で広めていらっしゃる岩井先生が
ブログにて拙著「一流の人はなぜ眠りが深いのか」(三笠書房)
素晴らしいお言葉でお勧めいただきました。
岩井先生の公式ブログ
まさに先生がいつも話しておられる「勇気づけ」を
たっぷり頂きまして、とても元気と意欲が湧いております。
岩井先生、ありがとうございました。

 
| 精神科医&作家 奥田弘美 | About Me | 00:14 | - | - | - | - |
11月13日FM世田谷「心デトックスナイト」で来生たかおさんから重大発表が!!
JUGEMテーマ:芸能
皆様、11月6日のFM世田谷「三浦和人とドクター弘美の心デトックスナイト」は
お聴きいただけましたでしょうか?
なんと、あの日本を代表するメロディーメーカー&シンガーの来生たかおさんをゲストに迎え
12月からスタートするデビュー40周年記念コンサートや
来年発売予定の新譜「夢のあとさき」について
いち早くいろいろ語っていただきました。
私は来生たかおさんの大ファンですので、ずっと緊張しっぱなしでしたが
三浦和人さんのリードで来生さんもとても楽しそうにお話されていました。
そして今週11月13日金曜日23時半からも、続いて来生たかおさんがご出演されます!!
しかも〜〜〜この回はファン必聴です!!
来生たかおさんから重大発表がなされるのですよ〜〜〜!!
ぜひお聴き忘れのないように、FM世田谷83.4Mhzにセットしてくださいね。
FM世田谷圏外の方は、FM世田谷HPからインターネットラジオにて
全国全世界からお聴きいただえます。
来生たかおさんの新譜からも2曲本邦初公開でお送りする予定です。
とっても贅沢で素晴らしい夜の30分をぜひ楽しんでくださいね。
| 精神科医&作家 奥田弘美 | About Me | 20:31 | - | - | - | - |
来生たかおさんが私のラジオ番組にゲスト出演してくださいました。
今日は素晴らしいことがありました。
私が大・大ファンの来生たかおさんが、ラジオのゲストに来てくださったのです。
私がパーソナリティーをしている番組「三浦和人とドクター弘美の心デトックスナイト」
(83.4Mhz 毎週金曜23時半から)の
11月6日と13日放送予定で、2回にわたってのゲスト出演です。
毎日聴かない日はないほど大好きなアーティストの来生さんと目の前で
2時間たっぷ〜りお話できました。
やはり強く願えば叶う、行動すれば実現するものですね!!
番組では、デビュー40周年をお迎えになる来生さんのコンサート情報、
新譜情報を含め、来生さんの40年の歩みや現在の心境をたっぷりとお話いただきました。
40周年記念コンサートは12月19日神戸国際会館こくさいホールを皮切りに、
12月27日は東京のBUNKAMURAオーチャードホール、
来年3月13日はアクロス福岡シンフォニーホールなど全国主要都市で開催されます。
しかもシンフォニーオーケストラとの共演です!
穏やかで深い美しさにあふれた来生さんの楽曲がオーケストラとの共演によって
さらに素晴らしい奥行きと響きが加わって
最高の心デトックス効果抜群のコンサートとなることでしょう。
詳しくは来生たかおさんのオフィシャルHPにてご確認ください。
また来年には新譜も発売される予定で、新曲に加え
往年の名曲がオーケスラやバンドでのニューアレンジでたっぷり収録されています。
番組では、発売に先行して新譜からさっそくご紹介させていただきましたので、
ぜひ楽しみにお聴きくださいませ。
番組は、ラジオだけではなく、FM世田谷のホームページからは
インターネットラジオにて全国全世界でお聴きいただけます。
ドクター弘美の心デトックスコーナーでは、
から過緊張を取り上げ、来生さんの緊張解消法についても
お話をお伺いしました。
他ではなかなか聞けない来生さんの素顔に迫ることができたと思います。
今までコンサート会場の客席から見上げていた来生さんと間近でお話できたこと、
感無量の気持ちです。
願いはあきらめず、行動していれば実現の糸に巡り合う、
そしてその糸を根気よくたぐっていけば、
かなりの確率で叶うんだなと改めて今回も実感しました。
来年は私流の夢実現法についての本を書きたいと思います。
| 精神科医&作家 奥田弘美 | About Me | 20:11 | - | - | - | - |
Good bye day そしてOne more day

 あともう少しで、2010年が去ろうとしています。

本当に1年がすぎるのは早いものです。

 

 このころになると、いつも私は「今年一年、自分は何ができたかなあ」とか

「来年は、どうなるだろうか?」とか、
振りかえりや未来予想をしてしまう癖
がありました。

 

 昨年までは、そんなとき「ああ、まだ○○も△△もできていないなあ」と

焦ったり、反省したり

「来年こそ、○○できるだろうか」、「来年も順調にいくだろうか」と

不安になったり心配になったりしていたものでした。

 そう、実はとっても心配性で小心者なんですよね。

 でも、今年は意識して、そういうタイプの思考を
押さえるようにしています。

 過去のことをいくら悔やんでも変わらないし、
未来のことを今からいくら心配
してもわからない。
一日一日、今を大切に生きていくしかないよね。

 そういうふうに意識して考えながら、
最近よくある曲の歌詞を頭の中で繰り返します。

 

 その曲とは来生たかおさんの「Good bye Day」。

 

 私が大学生ぐらいのときにヒットした名曲ですが、皆様ご存知ですか?

 このサビのフレーズが、とてもいいのです。

 

 せっかくですのでご紹介しましょう。

 

Good bye day 今日が終わり

 One more day また一日

 何ごともなくそれでいい

 Good bye day ケリをつけて

 One more day また一日

 新しい日にすればいい〜

 

Good bye day そして

 I love you

 One more day また一日

 穏やかならば それでいい〜

 

 〜Good bye day そして

 I love you

 One more day また一日

 信じていれば それでいい 〜

 

 いかがですか?

 

 歌自体は、ちょっと倦怠気味の恋の歌なのですが、
ここの部分は恋愛だけでなく

人生全体に通じる含蓄の深い、すばらしい歌詞だと思います。

 

 あるスピリチュアル系の本を読んだ時、
「幸せとは、何も起こらないことを言う」

と書かれていてドキッとしたことがあります。

  同じような毎日を繰り返していると、ついつい私たちは

「つまらないなあ、何か楽しい事起こらないかなあ」と、
憂うつになったり
不機嫌になったりします。

 

 でも実は 家族や自分が事故にもあわず、病気にもならず、
災害も戦争もなく
健康で平和に穏やかにすごせていることこそが、
一番の幸せの基本なんですよね。

 

 ということで、大みそかが近付きつつある今、
不必要に反省したり、不安に
なったりせずに
来生たかおさんの歌でも流しながら、
ゆったり穏やかに過ごそうと

思っている奥田です。

 

 ちなみに来生たかおさんの歌には、今年ずいぶん助けられました。
実は今年の4月から、外来診療日を大幅に増やしたのですが、
これが私にとっては、かなりかなりのストレスでした。
 この夏には生まれて初めて手術を受けたのと、
それと前後して大変な患者さんが連続したために、
体力・気力が知らず知らずに低下していたよう。
 仕事に向かう精神力をキープするのが難しい朝も
けっこうありまして、特に秋口まではかなりしんどかった。
 そんな朝には、きまって来生たかおさんの歌を
電車の中でボーっと目を閉じて聴きながら、
頭にアルファー波を多量に発生させて
できるだけリラックスして職場に向かったものでした。

 来生たかおさんの歌声とメロディーは
私の心の中の琴線とぴた〜っと沿うものが多くて、
最高に心地よい感覚にしてくれるのです。
「涼しい影」「Easy drive」
「浅い夢」「逢瀬」
「静けさのメニュー」「星のくちびる」など
好きな曲を挙げればきりがないほど。
 この春から、
私は20年ぶりに聞き始め、
再ファンになってはまりまくっています。
コンサートにも2回も行っちゃいました。
彼の歌には、若い頃にはわからなかった、
大人の魅力がいっぱいいっぱいつまっています。

 個人的には成熟したアラフォー以上の人におすすめですね。

 
 ということで、今年も悲喜こもごもいろいろとありましたが、
平和に健康に年末を過ごせている今に感謝。
外来も頑張ったかいがあって、
先日はうつ病から復活した患者さんから
とびっきりの笑顔をいただき、私自身も最高に癒されました。
 来年もどうぞハッピーな良い年になりますように・・・。
 皆様のご多幸とご健康をお祈りいたします。

 

 
| 精神科医&作家 奥田弘美 | About Me | 21:11 | - | - | - | - |