スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
「人を動かす心理学」って本当にある?

JUGEMテーマ:ビジネス

あっという間に2月も後半に入ってしまいました。
寒さ嫌いの私は、春の兆しを感じるだけでちょっぴり嬉しくなります。
毎日マインドフルネス瞑想を実践しているのですが、
春めいた陽光が入ってくる窓辺で胡坐をかいて眼を閉じていると
本当に心地よく心が安らいでくる気がします。
マインドフルネス瞑想をしていると、
自分を苦しめている心の欲、恐れ、不安などに気が付きやすくなってきます。
また人間関係や承認などに執着している自分にも、
以前より早く気が付くようになってきます。
それらに気がつけば、少し距離がとれますので
あとは少しずつ手放して行くように心がけていく。
この手放していく作業は、地道でコツコツと繰り返し行うために
時には難しく感じるのですが・・・。
まず「気づけている」ことが大切だと思います。
「気づき」さえあれば、少しずつでも手放していくことができるからです。
すると少〜しずつですが、人生の苦が減ってくるのです。
ところで、心理学を学ぶと人を動かすことができると思っている人に
よく出会います。
特に経営者や管理職の人は、
「人を動かす」目的で心理学を学ぶ人が多いようです。
しかしながら、マインドフルネスを実践する精神科医の立場から言わせてもらうと
「人を動かす」目的で心理学を学ぶこと自体が邪道。
私が考える心理学の目的とは、
基本的に「他者に依存せずに自分の人生を幸せにするための方法」として
学び使うべきもの。
そしてそれがほぼ自分の人生で出来ている自立した人が、
さらに「自分以外の苦しんでいる他者を援助するために
使う方法」だと思います。
前者が今注目を集めているアドラー心理学であったり交流分析であったり
それらの根源であるマインドフルネスの元祖ブッダが説いた
心理学であったりします。
後者は、それらを活用して、精神医学や心理カウンセリングで
他者に活用されているいろいろな心理療法です。
「他人を動かす」という目的は
「他人を自分の思い通りに動かして、自分(自社)の利益に貢献させよう」
という己の欲から出てくる目的です。
そのことに気づいていない人がいくら心理学を学んでも
短期的には効果が出るように思うかもしれませんが、
結局、その欲が露呈するために
最終的には人は動かなくなってしまう。
そう、見抜かれてしまうわけです。
薄っぺらく心理学(というかビジネススキル)を駆使している経営者に
ときどき出会いますが、うまく行っている人が少ないのは
そういうことだと思います。
結局、自分自身の欲に気づき
それを少しずつ手放していく人に
他者は自らついていく。
つまるところ動かそうとしなくても
全く良いわけなのです。
| 精神科医&作家 奥田弘美 | マインドフルネス | 10:54 | - | - | - | - |
日経スタイル(日経グッデイ)で連載が始まりました!

日経スタイル(日経グッデイとも連動)にて

私の新連載がスタートしました。
連載タイトルは、
なんだかあの超有名コミック「こちら葛飾区亀有公園前〜」に
タイトルが似ていますが・・・(笑)
両さんのように多くの方に愛される連載となるように
頑張って執筆していきたいと思います。
連載では、私が産業医、精神科医として
ビジネスパーソンの皆さまの心と身体の健康のために
お伝えしたいことを綴っていきます。
一回目のテーマは
「働く人に多い「過緊張」 1分マインドフルネスが効果」
です。
頭の中で仕事や気になることがグルグル回って眠れない・・・
そんな過緊張に悩むビジネスパーソンの方に対して
マインドフルネス活用のヒントを書きました。
連載ではマインドフルネスだけではなく、
さまざまなメンタルケアやヘルスケアのヒントを
お伝えしていこうと思っています。
どうぞお楽しみに。
| 精神科医&作家 奥田弘美 | - | 22:43 | - | - | - | - |
マインドフルネス瞑想体験会のご案内

JUGEMテーマ:健康

新年おめでとうございます。

お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は家族とゆっくりしながら、清々しい新年を迎えることができました。
今年もマイペースですがブログも更新していきますので

どうぞよろしくお願いいたします。


今年は生業の産業医・精神科医業務に励むのはもちろんのこと、

昨年に引き続きマインドフルネス瞑想の素晴らしさを

多くの方に知っていただくために執筆やセミナーにて

活動していく予定です。

昨年は日本マインドフルネス普及協会を立ち上げ、

仲間の教授や臨床心理士の先生と

末永く地道に活動していこうと誓い合いました。


1月と2月にマインドフルネス体験セミナーを次の場所にて開きますので、

ご興味のある方はぜひご参加ください。

1月21日 午後2時から5時 日本マインドフルネス普及協会主催
     「マインドフルネス体験セミナー」
     築地聖路加タワー37階

     講師は、奥田、伊藤教授、高山臨床心理士の3人で行います。
     http://www.mindfulness-fukyu.net/seminar

2月4日 午前10時から正午まで ヒューマンギルド主催
     「マインドフルネス瞑想体験会」
     神楽坂のヒューマンギルド本社にて

     講師は、奥田にて行います。
     http://www.hgld.co.jp/event/view/576

| 精神科医&作家 奥田弘美 | マインドフルネス | 10:47 | - | - | - | - |
webサイト「サライ」にてマインドフルネスの連載スタートしました。

JUGEMテーマ:健康

いよいよ師走に入りましたね。
お忙しい毎日をお過ごしのことと思います。
身も心もソワソワ、ばたばた、落ち着かなくて
つい気が付けばイライラしちゃっている・・・
そんな師走の忙しい日々の中でこそ、
ぜひ一日1分でもいいので
マインドフル瞑想を取り入れていただくことをお勧めします。
知的上品なWEBサイト「サライ」にて
マインドフルネス瞑想の連載がスタートしました。
4回シリーズです。
イラストもご提供しています。
とてもわかりやすい記事に仕上がっていますので
ぜひご覧いただき、マインドフルネス瞑想を日常生活に
取り入れていただきたいと思います。
| 精神科医&作家 奥田弘美 | マインドフルネス | 14:02 | - | - | - | - |
新刊「1分間どこでもマインドフルネス」出版します。

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:健康

 

2016年もあと1か月少しとなりましたね。
さぞ皆様、お忙しい日々をお送りのことと思います。
さてそんな中、私事で恐縮ですが
今まで私が温めてきたマインドフルネス法を
11月30日に出版させていただきますのでお知らせいたします。
(日本能率協会マネージメントセンター)
とてもわかりやすいマインドフルネス書に仕上がりました。
朝、昼、夕に分けて、生活の中で実践していただけるマインドフルネス手法を
イラストたっぷりに、たくさんご紹介しています。
例えば、朝は深呼吸瞑想、羽ばたきストレッチ瞑想、太陽光でのボディスキャン瞑想、
昼はウォーキング瞑想、DVD症候群予防のストレッチ瞑想、
夜はソファーでのリラックスストレッチ瞑想、眠りのための数息瞑想などなど・・・
とにかく1分間から、生活の中でマインドフルネス瞑想を実践しましょうという
気軽で楽しい内容になっています。
そしてもちろん、マインドフルネス瞑想の真骨頂である
ヴィパッサナー瞑想の方法も説明しています。
マインドフルネス瞑想は、座禅のように「無になること」を
追及する瞑想ではなく、
生活の中で気軽に楽しみながら実践していける易しい瞑想法です。
本書のコラムでは原始仏教のブッダの教えをわかり易く紹介し
マインドフルネス瞑想を効果的に行うコツを解説しました。
マインドフルネス瞑想を理解して深めていくためには
ブッダの教えを理解することが不可欠だと思いますので、
本書ではブッダの教えを宗教ではなく「心理学、哲学」として
ご紹介しています。
ぜひあなたの生活を本書を活用してマインドフルに変化させてください。
あなたの生活がマインドフルネスになればなるほど、
心安らかに幸せに感じる時間が増えてきます。
これは私自身が毎日感じている偉大なマインドフルネス瞑想の効果でもあります。
ぜひマインドフルネス瞑想を気軽に初めて頂きたいと思って
本書を心を込めて書き上げました。
仕事納めをされたあとに、ぜひマインドフルネス瞑想にトライしてみませんか?
そして今年一年の心の疲れを洗い流して
来年をスッキリ爽やかな気持ちで迎えましょう。
| 精神科医&作家 奥田弘美 | マインドフルネス | 11:40 | - | - | - | - |